トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ライプツィヒ生まれのクララ・シュ-マンは、今年が生誕200年。

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ライプツィヒ生まれのクララ・シュ-マンは、今年が生誕200年。

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2019年4月26日

19世紀の偉大なピアニストであるクララ・シュ-マン。

作曲家で有名なロベルト・シュ-マンの妻でもありました。

クララは1819年9月13日にライプツィヒで生まれましたので、今年は生誕200年になります。

まずは、ライプツィヒでクララに関する場所をご紹介したいと思います。

クララの生家があった場所に、その記念プレ-トがあります。場所は、町の中心を通るグリンマ通り(Grimmaische Straße)に垂直に交わるノイマルクト通り(Neumarkt)沿いの建物。クララが生まれた当時の建物は存在しませんが、百貨店「カ-ルシュタット(Karstadt)」があった建物(現在は閉館)です。場所はこちらの記事 をご参照くださいね。

Clara Wieck.jpg



また、そのすぐ近くの、グリンマ通り(Grimmaische Straße)とライヒ通り(Reichsstraße)の交点の北西の角には、ヴィーク(クララの旧姓)家が住んだ場所があり、その跡地には、マイセン磁器製の名盤が掲げられています。


Gedenktafel2.jpg



そして、クララが結婚後ロベルト・シュ-マンと共に過ごした家が、今もシュ-マンハウスという名の記念館になっていて、見学ができますよ。

Schumann-Haus (シュ-マンハウス)

Inselstraße 18, 04103 Leipzig

(中心街のアウグストゥス広場 Augustusplatzより徒歩10分)

最寄り停留所
► Johannisplatz(ヨハニスプラッツ):路面電車4・7・12・15号線

開館時間
火~金曜14:00~18:00
土・日曜10:00~18:00
月曜休館

入館料
一般:3ユーロ
割引:2ユーロ



さて、生誕200年ということで、クララ・シュ-マンに関連する様々なコンサ-トが、シュ-マンハウスを中心に開かれますよ。

HPはドイツ語だけですが、こちら です。

そして、以前ご紹介しましたライプツィヒの銘菓レルヒェも、今年だけの限定品が作られています。

Clärchen1.jpg


Clärchen2.jpg


今年ライプツィヒを訪問される方には、是非お勧めのお土産です!

お店の場所は、こちらの記事 をご覧くださいね。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ライプツィヒ生まれのクララ・シュ-マンは、今年が生誕200年。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について