トップ > ヨーロッパ > オランダ > ライデン特派員 > ライデン大学で気付いたカルチャーショック!

オランダオランダ/ライデン特派員ブログ

ライデン大学で気付いたカルチャーショック!

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2016年5月 9日

私が日本で現役大学生だったのは約10年前なのですが、
最近ライデン大学で若い学生さんと一緒に授業を受けて
いる中で気づいたカルチャーショックをお話しします。

①パソコン
私が大学に入学した当時は一人一台(重~~い、分厚~~い)
ノートパソコンを持つか持たないかの時代でした(笑)

デスクトップよりスマートだから、というくらいの立ち位置
だったような気がします(持ち歩くには重すぎた!)

ところが最近の学生さんはというと...

授業開始と同時に超薄型のAirM☆cなどのノートパソコンを
開くのです。そして先生が授業中に言ったことをメモメモ...
でなくてパソコンにカタカタ...と打ち込んでいきます。

時代でしょうか...。

②先生とタメ語
日本語は一つ目上のひとにも敬語を使うので、敬語に関しては
かなり敏感だと思います。

オランダ語では二人称単数にJIJ(ヤイ)とU(ウ)という二種類の主語があります。
JIJは君、Uはあなた、の違いです。

ここ数年の風潮で、大学の先生に対してもUではなくJIJで話そうよ!みたいな
ものがあります。教員と生徒の距離を縮めるためとかなんとか...。

日本では非常勤の先生であってもタメ口などききません...ましてや教授なんて!

とはいえ。学生さんを観察していると、タメ口をきいても良さそう先生を選んで
タメ語で話しているきらいがあります。

③授業中の飲食
水分補給は日本でも問題なく許されていると思うのですが、オランダでは授業中に
何かを食べていても咎められない場合があります。

ナッツをつまむとか、酢昆布をかじる(←そもそもない)とかそういった小さいレベル
ではなく、サンドイッチやクラッカーみたいなものを食べています。

特に申し訳なさそうでもない様子で(笑)

もちろん先生によったり、授業によったりもしますが、日本と比べると圧倒的に
許容されています。


自由が売りの国、オランダ。どこまで自由なのかを観察するのも面白いです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

三川 桃

オランダ・ライデン特派員の三川 桃が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オランダオランダ/ライデン特派員
名前:三川 桃

三川 桃

ライデン特派員トップにもどる

その他のオランダの特派員

ライデンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライデン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オランダ > ライデン特派員 > ライデン大学で気付いたカルチャーショック!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について