トップ > ヨーロッパ > イタリア > ラ・スペツィア特派員 > 懐かしいおばあちゃんの味!お豆さんのパスタ"PASTA E FAGIOLI"

イタリアイタリア/ラ・スペツィア特派員ブログ

懐かしいおばあちゃんの味!お豆さんのパスタ"PASTA E FAGIOLI"

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 投稿日:2015年11月 9日

皆さん、こんにちは!

さて、今月のお題は豆料理!私もこのテーマのブログを書きたいと思います。

イタリアは皆さんもご存知の通り、パスタが主食ですが、いつもトマト入りのパスタやラザーニャ、ミートソース・スパゲティーなどのコッテリソースのパスタを食べているわけではなく、お豆さん、ジャガイモ、お野菜入りなど、シンプルなパスタを日頃は食べています。そして、それは幼いころおばあちゃんが作ってくれた味、いわゆるそれぞれのご家庭の料理なのです。。。

私は結婚する前にイタリアの女の子と一緒に住んだり、一時期教会の施設に御厄介になったこともあって、その時にいろんなイタリアの家庭料理を知ることができました。

この豆のパスタは、ピエモンテ州、ロンバルディア州、ヴェネト州やトスカーナ州、ラツィオ州、カンパーニャ州とイタリアの広い範囲の料理だと言われていますが、トラットリアのメニューで登場したのは首都ローマからだとか?!

もし、イタリアへ観光した後、観光地近くのレストランやトラットリアへ行くと、観光客用のコースメニューのある所が多いと思います。

大抵は、観光客向きにトマトのソースのパスタ、ラザーニャ、ミートソーススパゲティーのなかから選ぶと思いますが、イタリア人が通う地元のトラットリアでは、この豆のパスタやジャガイモのパスタ、カボチャやズッキーニなどの緑黄色野菜のパスタを選ぶことができます。もちろん、魚介類のパスタなんかも海の近くのトラットリアやレストランには加わってきます。


いくらパスタが大好物でも、旅の途中で毎回ミートソース・スパゲティーやラザーニャでは胃がもたれると思いますので、ぜひ、一度、地元のイタリア人が行くレストランやトラットリアへ行き、このお豆さんのパスタやお野菜のパスタ、ジャガイモのパスタなどをチョイスしてみてください!


土地によってきっと味も材料も違いますが、イタリアの家庭料理が食べられます。

さて、11月に入り、先日、友人が久しぶりに家へランチを食べに来ました。ランチの献立はどうしようかなあ。。。と考えた末、普段夫はお豆のパスタはほとんど食べないので、家であまり作らないのですが、幸い友人はこのお豆さんが大好きだったので、この機会にせっかくだからお豆さんのパスタにして、ブログに載せようと決めました!

そして、一日中台所にいることができない人のために、早くて簡単にしかも美味しくできるつくり方をお伝えします!


DSCN3906[1].JPG

豆、(伊語、FAGIOLI、ファジョリ)3種類の中から今回は (伊語、BORLOTTI、ボルロッティ)の瓶詰めを使いましたので、前日から水につけ、豆を戻す手間が省けます!


DSCN3907[1].JPG


忙しい人に嬉しい冷凍された玉ねぎ、セロリ、ニンジンのみじん切りが売っていますので超便利!

DSCN3908[1].JPG

フライパン(今、このセラミックのフライパンがお気に入り!テフロン加工より体に良いそう。。。壊れないように丁寧に使う必要あり。)に玉ねぎ、セロリ、ニンジンのみじん切りを入れましょう!

オリーブオイルを少々入れて火を付けます!


DSCN3909[1].JPG


ガーリック、パンチェッタ(ベーコン)も入れ炒めていきます。(入れない人もいます)

DSCN3910[1].JPG


白ワインを入れさらに炒めます。

DSCN3911[1].JPG


そして、豆を入れます!


DSCN3912[1].JPG


よく豆と一緒に煮ていきます。

DSCN3913[1].JPG

短いパスタとお湯を準備します!


DSCN3915[1].JPG


缶のトマトを開けて野菜スープ(ブイヨンでオーケー)を作ります。(トマトを入れない人もいます)


DSCN3916[1].JPG


トマト、野菜スープを入れて更に煮ます。

DSCN3917[1].JPG

そして、パスタが半分ゆであがったら、直接フライパンに入れて、アルデンテになるまで混ぜ合わせます。もし、水分が足りなくなったら野菜スープを入れてください!

味が既に濃い目でしたら、パスタのゆで汁を入れてくださいね!


DSCN3920[1].JPG


出来上がり!!!さあ、盛り付けましょう!

DSCN3921.JPG


我ながら美味しくできました!友人も喜んでくれました!

材料の基本は、ボルロッティ豆、玉ねぎ、セロリ、ニンジン、オリーブオイル、ラード(私は入れません)野菜スープ(固形ブイヨンでもオーケー)さらに、地方やご家庭によって、ガーリック、トマト、プロシュットクルード(生ハム)、パンチェッタ(ベーコン)、ロズマリー、サルビアが加わります。

あとは、お好みで。。。私は、この茶色のボルロッティ豆より、白いカンネッリーニ豆を使うのが好きですが。。。(両方ともインゲン豆の種類です。)

おばあちゃんの味で、貧しい一品料理と言われていますが、シックでお金持ちのご家庭に夕食を呼ばれたときにも、このパスタ・ファジョリを食べましたので、イタリア人に愛された料理だと思います。

イタリアへ来られる際にはぜひ一度食べてみてくださいね!

(11月のお題:お豆料理)


ケイコ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マイエル ケイコ

イタリア・旧ラ・スペツィア特派員のマイエル ケイコが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/旧ラ・スペツィア特派員
名前:マイエル ケイコ

マイエル ケイコ

大学卒業後、中学教員を経てイタリアミラノへ渡伊。フィレンツェ、ローマ、ナポリにも在住。昨年7月よりラスペツィアに移住。ローマ国立アカデミアサンタチェチーリア、イタリア国立音楽院修了。愛の妙薬でイタリアオペラデビュー。イタリアと日本で音楽活動を行う。趣味はF1観戦、ハーブティーを毎日飲む、メルカート(青空市場)で掘り出し物探し。ヨガ、ドッグシッター。兵庫県出身

ラ・スペツィア特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ラスペツィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラ・スペツィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ラ・スペツィア特派員 > 懐かしいおばあちゃんの味!お豆さんのパスタ"PASTA E FAGIOLI"

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について