トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > ラスベガスでゴッホの作品を体験できるインスタレーション「イマーシブ・ファン・ゴッホ」

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

ラスベガスでゴッホの作品を体験できるインスタレーション「イマーシブ・ファン・ゴッホ」

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月23日

VG_Logo_01.jpg


先日「Immersive Van Gogh(イマーシブ・ファン・ゴッホ)」というアトラクションに行ってきました。
イマーシブ・ファン・ゴッホというのは、ゴッホの作品を映像と音楽で体感できるインスタレーション。現在北米の各都市で開催されていて、人気のアトラクションとなっています。今回は、イマーシブ・ファン・ゴッホを紹介していきますね。


「イマーシブ・ファン・ゴッホ」の会場はクリスタルズ(ショッピングモール)


VG_Inside_01.jpg

イマーシブ・ファン・ゴッホの会場があるのは、アリア リゾート&カジノ(Aria Resort & Casino)に隣接するショッピングモール、Crystals(クリスタルズ)。モールの3階にあるLighthouseというスペースで行われています。

VG_Crystals_01.jpg
シャネル、エルメス、ティファニーなどをはじめとした、ハイブランドのお店が並ぶショッピングモールのクリスタルズ

パリで200万人の観客が訪れたというこのアトラクション、北米では昨年(2020年)7月のカナダ・トロントでのスタート以来、チケットは250万枚以上販売されたのだそう。

アメリカ国内では19都市での開催となり、すでにオープンしているロサンゼルスやサンフランシスコ、ニューヨーク、ダラスなどに続き、ラスベガスでは9月からスタートしました。


ゴッホの絵の世界に入り込んでいく体験


VG_Inside_02.jpg

アトラクションのタイトルにもなっている「イマーシブ(Immersive)」 は「没入感のある」「没入型の」という意味ですが、イマーシブ・ファン・ゴッホは、ゴッホの絵の空間に入り込んでしまったような体験ができるのが特徴です。

美術館に絵画などを見に行ったときは、額縁に入って壁に固定された作品を鑑賞しますよね。でもここでは(外側から見るのではなく)作品の描き出す世界の中に連れて行ってくれる仕掛けなんです。

VG_Inside_03.jpg


壁や床一面に映し出される「ひまわり」「アイリス」「星降る夜」などをはじめとした、ゴッホのさまざまな作品には、まるで命が吹き込まれたかのよう。ゆったりとした音楽に合わせて、空や雲、水の動きや揺れうごく花など、風に吹かれたように風景がゆっくりと変化していきます。

VG_Inside_05.jpg


映像に包まれる時間は30分ほど。インスタレーションそのものにも感動しましたが、終わったときには心の中が洗われたような気分になったのも印象的でした。

VG_Inside_06.jpg



会場から出てくると、ロビーのディスプレイにも目が釘付け。ゴッホといえば外せないモチーフのひまわりを使って、ユニークでおしゃれなアートに迎えられました。



VG_Lobby_01.jpg


VG_Lobby_03.jpg
真紅のヘッドドレス(羽飾り)をつけたショーガール、ラスベガスならでは!

VG_Lobby_02.jpg


VG_Lobby_04.jpg
ロビーでは、おみやげを買えます。Tシャツやトラベルマグ、写真集や絵本など充実したラインナップでした


新型コロナウイルス感染防止対策も十分


実はラスベガスでのイマーシブ・ファン・ゴッホは今年2021年の7月から開催予定だったのですが、コロナ禍により予定は2回延期、約2ヵ月遅れのスタートとなりました。
遅れた原因は、COVID-19の影響で会場の空調設備の設置に予想外の時間がかかったためとのこと(ラスベガスのあるクラーク郡が、仮設の空調設備でのオープンを認めなかったことが原因のようです)。

もちろん、会場は新型コロナウイルス感染防止対策も万全。入場は場内の混雑を避けるために、時間が決まっています。
会場内では、マスク着用が義務付けられていて「写真を撮るときは外してもいいけど、撮り終わったらすぐつけ直してね」との注意も。

スポットライトで床に投影された円は、ソーシャルディスタンスの目安になっています。上映は十分な間隔をとって置かれたベンチに座って鑑賞できるのですが、室内は自由に動き回れるため、好きな場所に移動しながら見ることも多くなります。隣の人と自然に距離がとれるように工夫されているのですね。

VG_Inside_04.jpg
床に投影されているのは、ソーシャルディスタンスを守るための円


写真では伝わりにくいのが残念ですが、映像と音楽で想像力をかき立ててくれるこのインスタレーション、絵画の新しい楽しみ方なのではと感じました。そして、以前に比べて外出の機会が減っているコロナ禍の日常で、久しぶりに心が洗われる体験でもありました。
日本からアメリカへ旅行しやすくなるまでには、もう少し時間がかかりそうですが、もしチャンスがあればぜひ体験してみてほしいアクティビティです。

イマーシブ・ファン・ゴッホ ラスベガス
・開催期間: 2022年3月31日まで(2月7日~2月13日は閉館)
・開催時間: 毎日 13:00~21:00(時期によって時間が異なります/詳細はウェブサイトにて確認できます)
・会場: Lighthouse(Shops at Crystals ショップス アット クリスタルズ 3階)
    3720 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89158
・料金: 1名 $59.99~


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員の石川 葉子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員
名前:石川 葉子

石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > ラスベガスでゴッホの作品を体験できるインスタレーション「イマーシブ・ファン・ゴッホ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について