トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > 巨大キティちゃん現る!ベラージオのボタニカルガーデン(室内庭園)

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

巨大キティちゃん現る!ベラージオのボタニカルガーデン(室内庭園)

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年7月13日

ベラージオのハローキティ

2020年6月4日、ベラージオホテルが2ヵ月半ぶりに営業を再開しました。ラスベガスのあるネバダ州では、経済活動再開へのプランが5月29日から第二段階に進んでいます。これにより、飲食業をはじめとした一部のビジネスが制限つきで再開となり、ストリップエリアのカジノホテルも少しずつオープンし始めているところです。

その皮切りとなったホテルのひとつ、ベラージオホテルでは、オープンと同時におなじみのボタニカルガーデン(室内庭園)で夏の展示がスタートしています。「ぜひ見に来てください!」と言いたいところですが、日本からこちらへお越しいただくのはまだ難しいので、せめて写真で楽しんでいただければと思い、ご紹介します。
(記事の最後で、ラスベガスでのマスク着用についてもお知らせしています)


ベラージオのボタニカルガーデンはラスベガスでしかできない体験

ラスベガスに数ある無料アトラクションのなかでも、絶対に見逃してほしくないのが、ベラージオホテルにあるコンサバトリー&ボタニカルガーデン(室内庭園)。天井まで高さ15mほどの広々とした空間に、花や草木で作られた動物やオブジェ、トピアリーが展示されている温室のような場所です。

0013.jpg

このすてきなガーデンを作りだすのは、120名からなるベラージオホテルの園芸チーム。季節ごとに展示が変わるのが特徴で、年明けのチャイニーズニューイヤーに始まり、春、夏、秋、そして冬のホリデーシーズンと1年に5回、趣向をこらしたガーデンが楽しめます。




大阪城ふたたび~関西の魅力を伝える特別展

現在のガーデンのテーマは「Japan Journey: Magical Kansai」(日本の旅:マジカル関西)。有名な建物や自然景観を再現したディスプレイで、関西地方の魅力を伝えようというものです。大阪城を中心に、難波八阪神社の獅子殿、那智山青岸渡寺(せいがんとじ)の三重塔、熊野那智大社の那智の滝などが揃いました。

ベラージオ 室内庭園の大阪城

ガーデンの中心に威風堂々とそびえたつ大阪城。このレプリカは高さ約9mで、夜間はライトアップされてまた違った美しさを見せてくれますよ。

ラスベガス,ベラージオ, 大阪城,Bellagio, Las Vegas

色とりどりの花々に囲まれた大阪城はベラージオならでは

この大阪城、昨年春のディスプレイの目玉として初登場しており、今回は2回目のお目見えです。なぜ大阪城かというと、ベラージオホテルを運営するMGMリゾーツ社が、大阪府・大阪市のIR(カジノを含む統合型リゾート)事業への参入を目指している背景があります。ベラージオならではのボタニカルガーデンを通して、大阪をはじめとした関西エリアの魅力をたっぷりお見せしたいというところでしょうか。

015.jpg
お城のとなりには、桜の花の間を泳ぐ鯉のぼり。鯉のぼりをこんなふうに飾るのもいいなぁ



大阪城に向かって右側のガーデンには、那智の滝を背にした那智山青岸渡寺の三重塔の絶景が。
003.jpg

三重塔のてっぺんに結ばれている大きなリボン。これは西陣織の布を表しているのだそう。植物の種やスパイス、プリザーブドフラワーの花びらなどを使って、繊細で鮮やかな布地が表現されています。


016.jpg
鉄骨造りの三重塔は高さ約8m。那智の滝は手描きで、完成まで40時間かかったそうです。


004.jpg
三重塔を引き立てているカラフルな花は、バラの生花で造られたもの。


さて、三重塔の向かい側に目をやると、何やら獅子舞の獅子のような顔が。大阪・難波にある難波八阪神社のシンボル「獅子殿」です。
005.jpg


本家の獅子殿は、神殿と獅子舞などが奉納される舞台なのだそうですが、この獅子殿は大きく開けられた獅子の口の中を通って、大阪城へ向かう通路になっています。

014.jpg
インパクトたっぷりの獅子の顔




着物姿のキティちゃんは何で作られてる?

もうひとつ見逃せないのが、アメリカでも人気のハローキティ。今年創業60周年を迎えたサンリオとのコラボで、巨大キティちゃん初登場となりました。

008.jpg

着物を着たキティちゃんの身長は約4.2m、3万本のバラの生花で造られています。バラのキティちゃんってめちゃくちゃかわいいんですけど。

017.jpg
大きな蝶々の凧をあげてるキティちゃん

012.jpg
着物の帯にはベラージオのロゴマークが。バラの花で作られてるのがわかりますか


キティちゃんが遊ぶガーデンでは、奈良公園の鹿の親子と大きな蝶々のトピアリーも目を引きます。
018.jpg

鹿の体の表面を覆っているのは、米・大麦・フラックスシードやキヌアなどの穀物なのだとか。そして色鮮やかな蝶々の羽には、2000本のカーネーションが使われているのだそうです。




ソーシャルディスタンスを守ってゆったり楽しむのが今のスタイル

ボタニカルガーデンは、これまで2ヵ所の出入口から自由に出入りできましたが、現在は2ヵ所をそれぞれ入口専用、出口専用として人の流れをコントロールしています。入場人数の制限もあるため、入口では列に並び係員の指示を待って入場するようになりました。

011.jpg
前の人との感覚を空けて並ぶ入場待ちの列

もちろんガーデン内でも、周囲の人とは6フィート(1.8m)の距離を取ることが必要です(そのため以前に比べると人混みがなくなり、ゆっくりと見学できるようになったのがうれしいです)。

006.jpg
足元のステッカー「6フィートの距離を維持しましょう」

花や緑に囲まれてほっとひと息つけるのが、ベラージオのボタニカルガーデン。この「Japan Journey: Magical Kansai」の展示は、9月12日(土)までとなっています。

さて、現実に目を向ければ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大については、地球規模で予断を許さない状況が続いています。安全に安心して海外旅行ができるようになるにはしばらく時間がかかりますが、マスク着用・ソーシャルディスタンスを守って生活しながら、心置きなく旅に出られる日を待ちたいですね。
では皆さん、Stay safe!


追伸です! ラスベガスでのマスク着用義務について

アメリカでは、7月に入ってから1日の新規感染者数の記録がすでに7回更新されました。先週7月10日の新感染者数は6万6000人を超えています。*CDC(アメリカ疾病予防管理センター)のデータによる
特に感染拡大が進んでいるのは経済活動を再開している南部や西部の州で、ネバダ州も含まれています。

これを受けてネバダ州では、6月26日から公共の場所でのマスク着用が義務づけられています。旅行客も例外ではありません。ホテルやカジノ、レストラン、小売店などでも従業員はマスクやフェイスカバーを着けてサービスを行います。マスク着用のないお客さんに対してはサービスを提供することはできません。
マスクを着ける人が増えることで、感染拡大に少しでも歯止めがかかることを祈るばかりです。

009.jpg



ベラージオ コンサバトリー & ボタニカル・ガーデンズ
(Bellagio Conservatory & Botanical Gardens)
住所: 3600 Las Vegas Blvd S, Las Vegas, NV 89109
URL:  https://bellagio.mgmresorts.com/en/entertainment/conservatory-botanical-garden.html
営業時間: 毎日24時間オープン
入場料: 無料(ホテルに宿泊していなくても入場できます)
ボタニカルガーデンは、ホテル正面入口から入り、チェックインカウンターを左に見ながらまっすぐ進んだつきあたりです



季節ごとに変わるボタニカルガーデンの景色は、こちらでも見られます!
今年も必見! ベラージオホテル・ボタニカルガーデンのホリデーツリーと冬景色(2019年12月)
クジャクが登場!この秋もやっぱり外せないベラージオのボタニカルガーデン(2017年11月) <
アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ(2016年6月)
地球の歩き方ニュース&レポート:ゴージャスな砂漠のオアシス!ラスベガス・べラージオボタニカルガーデン(2015年8月)
べラージオのボタニカルガーデンに日本の春がやってきた!そして和泉正敏氏による石の彫刻も必見!(2015年4月)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員の石川 葉子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員
名前:石川 葉子

石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > 巨大キティちゃん現る!ベラージオのボタニカルガーデン(室内庭園)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について