トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > ラスベガスの最新グルメスポット BLOCK16 をおススメする3つの理由

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

ラスベガスの最新グルメスポット BLOCK16 をおススメする3つの理由

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2018年9月23日

001.tekkabar_02.jpg

ラスベガス大通り(通称ストリップ)沿いに、新感覚のフードコートがオープンして話題になっています。

コスモポリタンホテルに8月31日登場したBLOCK 16 URBAN FOOD HALL(ブロック シックスティーン アーバン フードホール)。

コスモポリタンホテルといえば、ニューヨークやロサンゼルスの人気レストランが集うグルメの殿堂。
このBLOCK 16にも、アメリカ各地からていねいに選ばれた話題のファストカジュアルフードが集まりました。


01.outside_01.jpg

ホテルの中にありながらも、東南アジアのナイトマーケットを思わせるこのフードコート。6つのお店が集まっていますが、そのほとんどがラスベガス初出店だそう。1回行ってとても気に入ってしまったので、おいしいものに目がないあなたにもおススメしたいと思います。


BLOCK16をおススメする3つの理由

1. カジュアルでありながらこだわりのメニュー


アメリカ各地の人気のお店が6店舗。それぞれのお店のイチ押しアイテムを中心に、典型的なアメリカンフードとは一味も二味も違うユニークなメニューがそろっています。材料の調達はもとより調理方法にいたるまで、すべてオリジナルのレシピ通りに作られているというこだわりは、コスモポリタンホテルならでは。

こちらはPok Pok Wing(ポクポク ウィング)。
03.pokpok_01.jpg

オレゴン州ポートランドでタイ料理のレストランを手がけるシェフ、アンディ・リッカー氏による人気の一品、フィッシュソース・ウィングがうりものです。

フィッシュソース・ウィングというのは、フィッシュソースでマリネしたチキンウィングを揚げて、さらにフィッシュソースをからめてからガーリックがまぶされたもの。使われているフィッシュソースはタイから取り寄せているそうです。 ウィングスペシャルというセットにすれば、チキンウィング3本にパパイヤサラダとスティッキーライスの盛り合わせ。軽いランチにはちょうど良い量でした。

04.pokpok_02.jpg
野菜もたくさん食べられるウィングスペシャルセット $12(日本円で約1350円)


05.pokpok_03.jpg

このチキンウィング、カリッカリでほどよくスパイシー、しかもほんのりと香りが良くておいしい~!何本でもいけそうです。

パパイヤサラダやカオソーイ(タイ北部の料理でココナッツ風味のカレーヌードル)などのほか、ヴィーガン(ビーガン)メニューとして、チキンウィングをお豆腐に代えた「トーフ ウィングス」なんていうのもありました。


06.pokpok_04.jpg
フィッシュソースウィングとパパイヤサラダ


2. いろいろな料理を楽しめる


食事に行く時に友だちと食べたいものが違うことってよくありますよね。何人かで行って、それぞれ好きなものを買ってシェアできるのも楽しみのひとつかな。

こちらは西海岸に初お目見えしたルイジアナ州ニューオリンズのお店、DISTRICT: DONUTS. SLIDERS. BREW.(ディストリクト:ドーナッツ.スライダーズ.ブリュー)
12.district_01.jpg

名前の通り、たくさんの種類の手作りドーナッツやスライダー(小さいサイズのハンバーガー)、コーヒーなどのドリンクのお店。
メニューにあったニューオリンズのクレオールソーセージ入りペストリーとか試してみたいなあ。ここは朝6時のオープンで朝食メニューがあります。


ラスベガスのお店もありますよ!TEKKA BAR: HANDROLL & SAKE(テッカ バー:ハンドロール&サケ)
07.tekkabar_01.jpg

地元で人気の「もんたラーメン」「すし門」「兜」をはじめとした和食レストランを幅広く手掛けるMon Groupのお店です。「TEKKA」って「鉄火巻き」の「テッカ」ですね。

アメリカではカリフォルニアロールなどのように、いろいろな具を入れて巻かれた「スシ」がポピュラーですが、ここではシンプルに1種類のネタを使った手巻きロールで勝負です。注文してから目の前で巻いてくれるネタはトロ、ハマチ、サーモン、ホタテ、ロブスター、野菜など。ひとつ$6(日本円で約700円)から。そしておスシには欠かせない日本酒も取り揃えています。

10.tekkabar_03.jpg
手巻きロールに合わせたちょい飲み用の日本酒


ほかには南部スタイルのフライドチキンで人気の、テネシー州ナッシュビルのHATTIE B'S HOT CHICKENや、
オレゴン州ポートランドのポークサンドイッチのお店LARDOがあります。(ここはキムチ入りのポークサンドイッチや、フォーのスープにつけていただくビーフサンドイッチがあるので、これもぜひトライしたい。)

そして10月には、テキーラやメスカルのカクテルを取り揃えたニューヨークのバーGHOST DONKEYがオープン予定とのことで、これも楽しみですね。


02.outside_02.jpg
各店にあるカウンター席のほか、テーブル席やバーテーブルなど全部で200席以上


3. アクセスしやすくて便利


BLOCK16があるのはイーストサイドタワーの2階、MomofukuやEggslutなどのレストランやコンベンション会場への通路があるエリアです。観光客だけでなくコンベンションに来ているビジネスマンたちも、ここで短いランチ休憩を取ったり、To-Go(持ち帰り)したり、さくっと便利に使えます。

08.tekkabar_04.jpg
Tekka BarのTo-Go(持ち帰り)カウンターのサイン

09.tekkabar_07.jpg
Tekka Barのトロのハンドロール(持ち帰り用)


BLOCK16の場所や営業時間など

BLOCK 16 URBAN FOOD HALL(コスモポリタンホテル内)
https://www.cosmopolitanlasvegas.com/block16

コスモポリタンホテルのイーストサイドタワー(ラスベガス大通りに面しているタワー)の2階、Marquee(クラブ)の隣にあります。
営業時間は各店舗とも日曜日から木曜日は11AM - 10PM、金曜日と土曜日は11AM から 深夜まで。
District: Donuts. Sliders. Brew.のみ、毎日6AMオープンです。
(営業時間や値段など、すべて2018年9月現在の情報です)

11.hattieBs_01.jpg
ナッシュビルから来たHATTIE B'S HOT CHICKEN



最後に

いかがですか?
ソースたっぷりのBBQとか、チーズやチリがどっさり乗ったホットドッグのような典型的アメリカンフードではなく、最近のトレンドを意識した、軽め・野菜多め・異国の味も取り入れた、ファストカジュアルフードを集めたというところが、コスモポリタンホテルらしい新しい感覚。これまでのフードコートとは一線を画した大人のフードコートというところでしょうか?
ランチにも便利だし、夜遊びに行く前にちょっと飲んで軽くつまみたいっていう時にもおススメです。

今回トライできなかったお店については、また記事をアップしますので楽しみにお待ちくださいね。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員の石川 葉子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員
名前:石川 葉子

石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > ラスベガスの最新グルメスポット BLOCK16 をおススメする3つの理由

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について