トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > クジャクが登場!この秋もやっぱり外せないベラージオのボタニカルガーデン

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

クジャクが登場!この秋もやっぱり外せないベラージオのボタニカルガーデン

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年11月20日

TOPcenter_01.jpg
ベラージオのボタニカルガーデンは人気の観光スポット


今週は早くもサンクスギビングデー(感謝祭:11月の第4木曜日)、そしてこの祝日を過ぎると季節はいよいよ冬へ。
とは言ってもこちらは朝・晩こそ冷え込むものの、昼間の気温は16℃から20℃前後と過ごしやすい毎日。
今日は、ベラージオホテルにあるポカポカと温かいボタニカルガーデンの風景をお届けします。


秋の色で埋め尽くされたボタニカルガーデン


花や木をふんだんに使って、春夏秋冬それぞれの景色を作り出してくれるベラージオホテルのボタニカルガーデン。
今は茶色、黄色、赤、黄土色、赤茶色、琥珀色など、季節感たっぷりの色合いに包まれています。


zentai_01.jpg
天井から差し込む光がまぶしい、ここはまるで温室にいるみたいに心地良い


ガーデンに入るとすぐに迎えてくれるのが、大きなカボチャで遊ぶカカシたち。

scarecrow_03.jpg

このカボチャ、1200本のバラとオトギリソウで作られています。

scarecrow_02.jpg

草花のベッドの上で楽しそう


そしておなじみの「おしゃべりする木」も秋のたたずまいで登場。

tree_01.jpg

tree_02.jpg

木の高さは8.5m。だからやっぱり顔も大きい。目玉をぎょろぎょろさせながら、時折もっそりと「Welcome to the Bellago・・・(ベラージオへようこそ・・・)」とつぶやきます。


こちらは菊の花で作られた大きなドングリのトピアリー。
ちなみに、ガーデン全体のディスプレイには12種類ほどの菊が使われているのだとか。

acorn_01.jpg



あでやかな飾り羽のクジャクにうっとり


さて今シーズンのガーデンの目玉は、なんといっても初登場のこちら。
TOP_01.jpg

飾り羽をふわりと広げて優雅にたたずむクジャクです。


peacock_01.jpg


背丈6mほどで、羽の長さは7mちょっと。色鮮やかなな羽は何で作られているんだろう?

peacock_04.jpg


羽に近づいてみましょう。

peacock_02.jpg

peacock_03.jpg

羽は14,000本のバラのプリザーブドフラワーで作られています。プリザーブドフラワーだからこういった色の表現ができるんですね。

ところで、今回のガーデンのデザイナーである Ed Libby氏は、最近インドを訪れた際の印象をこのあでやかな飾り羽のクジャクで表現したのだとか。クジャクは「強さ」や「美しさ」、そしてオスのクジャクの飾り羽が夏の終わりに生え変わることで、「再生」のシンボルでもあるのだそうです。


peacock_05.jpg

クジャクの顔やボディの色付けには、スターアニスやチリペッパー、タピオカやレンズ豆、青く染められたライスフレーク、マスターシードなど、さまざまな天然の素材が細かく砕かれて使われているそうです。


この秋のガーデンは11月25日まで見ることができます。その後は衣替えをして来月12月2日からホリデーシーズンのテーマでオープン予定。
今週ラスベガスにお越しの方は、ぜひベラージオに足を運んでみてくださいね。

zentai_02.jpg
カジノの喧騒に疲れたら、ここでリフレッシュ!

【BELLAGIO CONSERVATORY & BOTANICAL GARDEN】

・べラージオホテル内(宿泊していなくてもガーデンに入れます)
べラージオ正面入り口から入ってチェックインカウンターを左に見ながらまっすぐ進むと、つきあたりがボタニカルガーデン。
・24時間オープン・入場無料
・秋のガーデンは11月25日まで。その後メンテナンス期間を経て、12月2日からホリデーシーズンのディスプレイに変わる予定


■これまでのボタニカルガーデンはこちらからどうぞ!

アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ [Jun 2016]
べラージオのボタニカルガーデンに日本の春がやってきた!そして和泉正敏氏による石の彫刻も必見! [Apr. 2015]
夏っ!ひまわりと紫陽花があふれるベラージオのボタニカルガーデン [ Jun. 2013]
チョコレート・ビレッジが登場したベラージオのボタニカルガーデン [ Dec. 2012]
夏だ!ベラージオ・この夏のガーデンのテーマは・・・? [ May. 2012]
今年もシロクマとペンギンが季節のゴアイサツ - ベラージオのボタニカル・ガーデン [ Sep. 2011]
ベラージオ・秋のボタニカルガーデンは「園芸の達人」たちも登場 [ Dec. 2011]
ベラージオ・この夏のガーデンはリバティ・ベル、白頭ワシ、そしてカーニバル [ Jul. 2011 ]
いよいよ春!ベラージオのボタニカルガーデン [ Mar. 2011 ]
ベラージオ・今年のウィンターガーデン [ Dec. 2010 ]
ベラージオ・今年の秋の顔は・・・ [ Sep. 2010 ]
べラージオは夏のガーデンに衣替え [ Jun. 2010 ]
べラージオはただ今春真っ盛り! [ Mar. 2010 ]
べラージオホテル・ボタニカルガーデンのクリスマス [ Dec. 2009 ]



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員の石川 葉子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員
名前:石川 葉子

石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > クジャクが登場!この秋もやっぱり外せないベラージオのボタニカルガーデン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について