トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識

カテゴリー:お題 / 交通・鉄道・航空 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年4月25日

tuetle_01_top.jpg

今日は、今月のお題「交通標識(道路標識)」にちなみまして、お気に入りの標識をいくつかご紹介したいと思います。


「乗馬している人に注意」

horse_01.jpg
普通の道路を馬が散歩するんですね。

ストリップの喧騒から離れること40分ほど、ラスべガスの北のエリアは果樹園があったり 、馬をはじめとしたいろいろな家畜を飼っている牧場スタイルの家が多く、とてものどかな雰囲気です。

ここでは朝晩馬に乗って散歩させる人たちが道路を共有することになるので、走っている車も注意が必要。

horse_02.jpg



「ラマが横断します」

もちろん、飼っているのは馬だけではありません。
ラマも散歩させますよ。

llamas_01.jpg
ラマのファミリーが描かれている脱力系サイン(標識)


「ロバに注意」

さて、ラスベガスには家畜ではなく野生のロバもいますのでこんな標識もみかけます。

mule_02.jpg
これは、レッドロックキャニオンの近くにあるCalico Basinトレイル付近。


mule_03.jpg


運が良ければ、道路わきで草をはむ野生のロバたちに出会えることも。

>mule_04.jpg



「カメが横断します」


そしてレッドロックキャニオンのシーニックドライブには、こんな標識もあります。

turtle_02.jpg
カメが道路を横切りますよ!


春を迎える頃に冬眠から目覚める砂漠ガメ が道路に現れることもあるので、ドライバー、モータリスト、サイクリストのみなさんに注意の呼びかけです。


turtle_03.jpg


turtle_04.jpg



ちなみにシーニックドライブはほとんどの区間で制限速度35マイル(56キロ)です。
一方通行で景色もよいためついスピードを出してしまいがちですので、ご注意を!


turtle_05.jpg
制限速度は35マイル、レーダーで監視されてますよ。という標識

ラスベガスっぽくないけど、思わず微笑んでしまう道路標識。 またほかにもみつけたらご紹介しますね!


(4月お題"交通標識")


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員の石川 葉子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員
名前:石川 葉子

石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について