トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > ラスベガスのフードトラック?お気に入りはロブスターロールのトラックです。

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

ラスベガスのフードトラック?お気に入りはロブスターロールのトラックです。

カテゴリー:お題 / イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 投稿日:2015年5月 3日

foodiefest_01TOP.jpg

2011年に書いた記事「ラスベガスのフードトラック事情」 の中で、「2010年は『ラスベガスにおけるフードトラック元年』」と勝手に決めて、その頃じわじわと人気を集め始めていたトラックを紹介しました。

あれから4年、当地のフードトラックもだいぶ顔ぶれが変わっています。ちょうど4月のお題が「フードワゴン」ということですので、最近個人的にはまっているフードトラックやイベントで出会ったトラックを少しご紹介しようと思います。


ところで、ラスベガスのフードトラックは、ごくごく一部のトラックを除いては、決まった場所に定期的に現れるということはなく、多くの場合イベントに参加してお店を開いています。
コミュニティ向けの小さなイベントから、ファースト・フライデー(First Friday)、グレイト・アメリカン・フーディー・フェスト(The Great American Foodie Fest)のような一大イベントまで、賑やかなイベントにはフードトラックは欠かせません。

そんな中で、最近偶然出会ったのが「カズンズ・メイン・ロブスター(Cousins Maine lobster)」という名前のトラック。
ドラッグストアの駐車場でひっそりと営業中だったロブスターロールのトラックです。
日本でもここアメリカでもロブスター好きは多いですが、ご多分にもれず私もその一人。
そのロブスターを手軽に美味しく食べられるロブスターロールはかなり大好物なので、
まずは、ロブスタートラックを3つほど紹介させてください。
いずれもロブスターならここ!と言われるメイン州産のロブスターを味わえるトラックです。


cmlobster_01.jpg
カズンズ・メイン・ロブスター(Cousins Maine lobster)


cmlobster_03.jpg
はい、どうぞ。

cmlobster_02.jpg

ロブスターロール、コネチカットスタイル(Connecticut-style)。
「ロール」いう名前ではありますが、ご覧のとおりサンドイッチ。
そして、パンに挟まれるロブスターが温かいか冷たいか、それに野菜をまぜるか混ぜないか、などによって
いくつかのスタイルがあることを教えてもらいました。
温かいパンの間に暖められたぷりぷりの身が山盛りで味付けはバターとレモンのみ、こちらのトラックではロブスターそのものをしっかり味わえるように、レタスやチャイブなどは入れないそうです。



lobstatrap_01.jpg
2台目はグレイト・アメリカン・フーディー・フェストに出ていた、ロブスタトラップ(Lobsta Trap)。

lobstatrap_02.jpg

こちらは、ニューイングランドスタイル(New England Style)。
温かいパンにはさまれているのは、冷たいロブスターミートで、チャイブ(あさつき)がぱらぱらとかかっているもの。
ちなみに、トマトやアボガド入りのロールや、カレー味マヨネーズを使ったロールもありました。

lobstatrap_03.jpg

ところで、ロブスターだけでなく、こんなものも発見。オイスターシューターです。
ショットグラスではないけれど一口サイズのカップに入った、ワシントン州ウィラパベイ産の生ガキ、
とびことポン酢と合わせてつるんと一口で。


maine.lobsterlady_04.jpg

そして、メインロブスターレディ(Maine Lobster Lady)。


名前の通り、トラックを切り盛りしているのは元気な女性たち。
メイン州からやってきているので、正確にはローカルのトラックではないのですが、
夏はメイン州、それ以外の季節はアリゾナ州フェニックスで活動をしているようで、イベントがあるとラスベガスに来てくれることも多いのです。

maine.lobsterlady_02.jpg

メインスタイル(Main Style)。温かいパンにぎっしり詰まった冷たいロブスターにレモンをかけていただきます。
ロブスターの味をしっかり味わうために、レタスやセロリ、チャイブなどは一切なし。


maine.lobsterlady_01.jpg
海の香りがしてくるような、楽しいトラック


さて気になるお値段ですが、ロブスターロールはやはり素材が素材だけに、安くはないのです。
だいたいひとつ$18前後というところでしょうか。フードトラックのホットドッグやハンバーガーなどが$8~$10前後であることを考えると、ファーストフードの域を超えている感じはしますが、それでもメイン州産のロブスターを気軽に味わえる貴重な機会は見逃せないですよね!


では、そのほか、最近人気のローカルトラックをいくつか。


baconcreations_01.jpg
ブロンディーズ ベーコンクリエーションズ(Blondie's Bacon Creations)
トラックに描かれたベーコンがひたすら印象的。

baconcreations_02.jpg
アメリカならでは?このトラックはベーコンを使ったアイテムしか売っていません。
これはチーズとベーコンをはさんでグリルしたサワードゥのサンドイッチ。
カリッカリのベーコンがポイントかな。
「ベーコン二切れ」なんていうメニューもありました。


50shadesofgreen.jpg
50シェイズオブグリーン(50 Shades of Green)
ヘルシー指向のトラックで、サラダや野菜中心のパニーニが売り物。


sausagefest_01.jpg
ソーセージフェスト(Sausagefest)


sausagefest_02.jpg

その名の通り、いろいろな種類のソーセージを使った、イタリアンスタイル、シカゴスタイル、フィリピンスタイル、メキシコスタイルなどのホットドッグが人気です。
これはジャーマンスタイルで、ブラートヴルストとザワークラウトを挟んだホットドッグ。


frozenflog_01.jpg
こちらはシェイブドアイスのトラック、Frozen Flog.


frozenflog_02.jpg
カラフルなシロップで彩られたかき氷の上に、カエルのグミを載せてもらいました。見えるかな。



こういったフードトラックは、Instagramやfacebook,Twitterなどで、その日のスケジュールをアップしているので、お気に入りのトラックをフォローしていれば、その日の居場所がわかります。



■これまでの関連エントリー

フリーモント・イーストの元気なフードトラック・イベント [ Sep. 2011 ]
ラスベガスのフードトラック、おいしく楽しく人気上昇中! [ Apr. 2011 ]
ラスベガスのフードトラック事情 [ Feb. 2011 ]




(4月お題"フードワゴン(屋台)")


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員の石川 葉子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員
名前:石川 葉子

石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > ラスベガスのフードトラック?お気に入りはロブスターロールのトラックです。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について