トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > シルク・ド・ソレイユの新しいショー 「マイケル・ジャクソン "ONE" 」

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

シルク・ド・ソレイユの新しいショー 「マイケル・ジャクソン "ONE" 」

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2013年8月18日




先日「'Michael Jackson One' (マイケル・ジャクソン "ONE")」 を観てきました。
これは、 6月末からレギュラー公演が始まったシルク・ド・ソレイユの一番新しいレジデンス・ショー(常駐のショー)です。



空港付近の道路に集中するビルボード。


この日は旅行業・ホテル業などのホスピタリティ業界の人たちが招待された夜でしたが、
一般のお客様も含めて約1,800席の客席はざっと見渡してもほぼ満席。
巷の評判もほとんどが良いものばかりでしたので、どんなショーになっているのかとても興味がありました。

会場はマンダレイベイホテルのシアター、以前「ライオンキング」、その前は「マンマ・ミーア!」が行われていた場所で、
このショーのために大改造されています。



ショー開始前はいつも少しドキドキします。


これからご覧になる皆さんのためにストーリーは控えますが、結論から言ってしまえばただ一言、「素晴らしい!ブラボー!」。

ほぼ30曲あまりのマイケル・ジャクソンの曲がシルク・ド・ソレイユのパフォーマンスとのコラボレーションで、
いろいろな顔を見せてくれました。
エンディングでは割れるような拍手とともに観客総立ち。

パフォーマンス自体のユニークさ・素晴らしさだけでなく、ショー全体の雰囲気が他のショーとは少し違っているような感じもあります。

シルク・ド・ソレイユのショーといえば、プールがステージとなる「O(オー)」、そして「KA(カー)」ではステージ自体が大きな動きをして驚かせてくれましたが、
この「ONE」では、ステージそのものはそれほど広くないように感じるものの、ステージから続く左右の壁全体がスクリーンとして使われているので、
ステージとそれらのスクリーンが一体化して巨大な三面鏡のように広がりがある舞台なのです。
そういう舞台なので、最新テクノロジーを駆使して描き出される映像とパフォーマンスが自然にひとつになって迫ってきます。

さらには音響もこれまでのショーと比べると迫力が全然違うと思っていたら、私たちが座っている座席にも
スピーカーが内臓されているのだそうです。

見ごたえたっぷりの客席上空でのパフォーマンス(エアリアル)も多く、
まるでシアターというひとつの大きなまあるい空間の中にすっぽりと包まれるように入り込んでしまって、
その中でパフォーマーたちが縦横無尽に飛び回り、私たちにいろいろな世界を見せてくれるような不思議な、でもとっても楽しくて心地よい感じ。


ところで、この「マイケル・ジャクソン "ONE" 」には、日本人のテクニカル・ディレクターが製作に携わっているだけでなく、
7人のアクロバットチームが日本から参加しています。がんばってほしいなあ。
(現在、ラスベガスで行われているシルク・ド・ソレイユの8つのショーでは、合わせて20名近い、日本人パフォーマーが活躍しているんですよ。)



地元の日本語フリーペーパーでも早速特集記事が組まれていました。


「Michael Jackson One 」、マイケル・ジャクソンファンならずとも、これはぜひとも観ていただきたいショーです。



◎オフィシャルウェブサイトはこちら から。

◎スケジュールなど(2013年8月現在):
8月19日まで:7:00pm / 10:00pm.
8月31日以降:7:00pm / 9:30pm.
休演日(木)(金) (8/20-28特別休演)
**8月29日(木)は、マイケル・ジャクソンの誕生日のため特別公演が予定されています。
チケット料金:$69~$180 (税金・サービスフィー別)


◎公式予告編



■これまでの関連エントリー
シルク・ドソレイユのショー「マイケル・ジャクソン "ONE" 」5月からスタート [ Feb.2013]
シルク・ドゥ・ソレイユのマイケル・ジャクソンThe Immortal World Tourがやって来る [ Nov.2011]
ついにシルクドソレイユ+マイケルジャクソンがラスベガスへ! [ Nov. 2010]


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員の石川 葉子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員
名前:石川 葉子

石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > シルク・ド・ソレイユの新しいショー 「マイケル・ジャクソン "ONE" 」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について