トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > サンタクロースも走る12月。ラスベガスのもうひとつのマラソン 「サンタ・ラン」!

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

サンタクロースも走る12月。ラスベガスのもうひとつのマラソン 「サンタ・ラン」!

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / スポーツ・観戦 投稿日:2012年12月 3日


santarun_2012_01.jpg
走り終わり、ステージでのイベントを楽しむサンタさんたち。



ラスベガスのマラソンと言えば、12月の最初の日曜日に(今日ですね!)行なわれている「ロックンロール・マラソン」が
有名ですが、実はその前日にもうひとつのマラソン・イベントがあります。



こちらは昨年の「ラスベガス・ロックンロールマラソン」の様子。
marathon_2011_01.jpg
昨年から、ホテルのネオンに囲まれて走る「夜のストリップ」のコースとなりました。(プラネットハリウッドホテル前の給水所付近の様子)




さて、昨日行なわれたこのマラソンは「The Las Vegas Great Santa Run」(ラスベガス・グレート・サンタ・ラン)。
その名の通り、サンタクロースのコスチュームを着て参加するこのイベントは、走ってもよし、歩いてもよし。
観光客にも人気のショッピングモール「タウンスクエア」を会場として、周辺を走る5kmのランと、
1mile (約1.6km)を歩く2つのカテゴリーがあります。
コドモからオトナまで、さらにペット連れでも、あるいは乳母車を押したり、車椅子でも参加できる、楽しいイベントです。


santarun_2012_02.jpg
曇り空ではあったものの、風もなく寒くもなくちょうど良い気温の午前中。
徒歩で帰ったきたサンタさんたち。



この「サンタ・ラン」、実は非営利のチャリティー団体である「Opportunity Village」への支援イベント。
今年で8回目の開催となり、昨年の参加者は8,000人以上だそう。
なので、これは1年を通して1番大きなファンドレイジング(寄付金集め)のイベントということにもなり、
昨年は40万ドル(約3,300万円)以上の寄付金を集めたという元気いっぱいのイベントなんですね。


「Opportunity Village」というのは南ネバダにて自閉症などで自立が難しい人たちに向けて、
職業訓練の場を提供して雇用のチャンスを作ったり、デイサービスやレクリエーションなどを通して、
彼らの生活の向上をアシストしている団体。
年間を通して行なわれている、様々なイベントなどから集まった寄付金が運営を助けることになります。


santarun_2012_05.jpg
サンタクロースのコスチュームは参加登録費用に含まれているんだそうです。
登録費用からの収益も寄付金となるので、サンタになって走る、あるいは歩くことで
地元コミュニティへのサポートをすることになるわけです。



santarun_2012_03.jpg
ゴールするランナーたちに向けて演奏する、バグパイプのチーム。
ラスベガスならではの「エルビスプレスリー風サンタ」もお目見えです。


santarun_2012_04.jpg
よく見ると、ティアラをつけた「ミセス・ネバダ」も応援にかけつけたようです。
「ミス・ネバダ」のほかに「ミセス・ネバダ」がいることは知りませんでした!


コミュニティ支援のこのイベントは、サポートする企業もたくさん。
当日のステージ進行を一手に引き受けていた人気TVニュースチャンネル「FOX5」を始めとして、
ローカルの新聞社、銀行、コンビニエンスストア、ラジオステーション、映画館、会場のタウンスクエア内の小売店やレストラン、
そして翌日に行なわれる「ロックンロール・マラソン」などスポンサーは15社以上。
ゲーミング関連の日本企業、KONAMIさんもスポンサーでしたよ。



さて、このマラソンは「寄付金を集める」ことがひとつの大きな目的なので、
個人だけでなく、勤務している会社や参加しているサークルなどのグループ/チーム登録も多いようです。
で、こちら、カップを掲げているのはベネチアンホテルのチームリーダー。

santarun_2012_08.jpg
折りしもこのホリデーシーズン、「Winter in Venice」というテーマで、スケートリンクのオープンなど
いろいろなイベントを展開しているベネチアンホテルですが、
今回のマラソン参加チーム、メンバーはなんと800人だったそう!一番大きなチームとして表彰されていました。
来年は1,000人での参加表明も!



会場のステージで行なわれるマラソン終了後のイベントもかなり楽しいもの。
各種の表彰が終わったあとに、サンタがステージで踊っているのはあの曲。。。

santarun_2012_06.jpg
santarun_2012_07.jpg
頭の中にこびり付いてしまったあの曲、PSYの「ガンナムスタイル」、こちらでもまだまだ人気です。


そして、次はお約束(?)のラインダンス。

santarun_2012_12.jpg
ステージの上だけじゃなくで、下でもたくさんのサンタがきれいにステップ中。


santarun_2012_13.jpg
もちろん会場には人気フードトラックも集結。
お腹をすかせたランナー達でにぎわっていました。


お子様連れもこんな感じでゆるーく参加できます。
santarun_2012_10.jpg
santarun_2012_11.jpg



ペットのワンちゃんを連れて参加した方もたくさん。
santarun_2012_09.jpg
もちろん、ペットだってサンタクロースになってます。かなりカワイイ。


こんな風に気軽に参加できる、楽しいイベント。
日本からもお友達とチームを組んで参加してみると、いつものラスベガスとは一味ちがった体験ができると思いますよ!



今年の「サンタ・ラン」のコマーシャル。ほのぼのしてます。



サンタ・ランについて (英語)


会場となったタウンスクエア:

View Larger Map

■これまでの関連エントリー  
ラスベガスマラソンでパワーをもらう [ Dec. 2010 ]
ラスベガスマラソンまであと7日・ボランティアも頑張ってます Nov. 2010 ]




いつも応援ありがとうございます!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員の石川 葉子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員
名前:石川 葉子

石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > サンタクロースも走る12月。ラスベガスのもうひとつのマラソン 「サンタ・ラン」!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について