トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > ラスベガスの新しい顔・マッキャラン国際空港新ターミナル・T3

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

ラスベガスの新しい顔・マッキャラン国際空港新ターミナル・T3

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2012年5月20日



Airport_new_T3_2012_may_01.jpg


建設スタートから丸5年、いよいよオープンが来月に迫ったマッキャラン空港の新ターミナル、T3。
最終仕上げに余念のないターミナルですが、先日見学の機会がありましたので、少しご紹介したいと思います。



Airport_new_T3_2012_may_11.jpg


24億ドルのコストをかけて建設されたこのT3は、チケッティングカウンター・バゲッジクレーム・
パスポートコントロールを備えたピカピカの国内最新ターミナル。

搭乗ゲートは14ヶ所のうち7ヶ所が国際線用で、現在国際線の発着に使われているターミナル2はクローズされますので、
国際線はすべてT3を利用することになります。
そして国内線は7つのエアラインがこちらに引っ越してきます。


飛行機の到着・出発はこのゲート階から。
Airport_new_T3_2012_may_03.jpg

ずらりと並んだサインは、オレンジ色(到着用)と青色(出発用)ではっきり区別されています。
到着した時には、オレンジのサインを見ればバゲッジクレームやタクシーなどの乗り場へ向かう
ことができ、出発の時には、青いサインがチェックインカウンターや搭乗ゲートの方向を教えてく
れるというわけ。感覚的にもわかりやすいですね。


Airport_new_T3_2012_may_04.jpg

ガラスの扉の向こうは、国際線で到着するとお世話になるパスポートコントロールと税関。
窓口は現在の2倍の28ヶ所となり、入国審査の待ち時間が短縮されることになります。


Airport_new_T3_2012_may_05.jpg

入国審査が終わったあとの、到着ロビーへの出口には「Welcome to LAS VEGAS」と
ネオンサインが輝いていました。
これが入国後、最初に出会うラスベガスのネオンサインになるんですね。


さて、出発する場合はどうでしょう?

Airport_new_T3_2012_may_06.jpg

カーブサイドチェックインは32ヶ所。


Airport_new_T3_2012_may_08.jpg

ターミナル内チェックインカウンターは130ヵ所で、セルフチェックインキオスクは、
荷物用タグを自分でつけることのできるSelf-taggingの台も含めて203台。
カウンターはどの航空会社のチェックインにも対応できるシステムなので、様々な状況に応じて
オープンするカウンターの数をフレキシブルに調整することができるんだそうです。

チェックインカウンターの並ぶロビー。
Airport_new_T3_2012_may_07.jpg



このロビーに限りませんが、建物内は天井やガラス窓からの光りがさんさんと降り注ぐデザインで、
とても明るく、ただでさえ広い空間がさらに広がっているような感じを受けます。


そして、TSAのセキュリティチェックポイント。

Airport_new_T3_2012_may_09.jpg

写真ではまだがらんとしていますが、ここにちょっとうっとおしい検査台がずらりと並ぶことになります。
セキュリティチェックポイントはゲート階とその下の2ヶ所となり、ここでもスピードアップが期待されるようですね。(ほんとかな)

さて、国内線でT3利用となる航空会社は:

• Alaska
• Frontier
• JetBlue
• Sun Country
• Virgin America
• United
• Hawaiian

の7社。このうちUnitedとHawaiianについては、チェックイン・セキュリティチェック・バゲッジクレームはT3利用、
搭乗/到着ゲートはT1のDゲート利用となるため、T3とT1のDゲートの間を走るトラムを使って移動することになります。

T3のオープンは6/27で、まずは国際線の利用から開始。
この日、新ターミナル最初の到着便となる国際線はロンドンからのVirgin Atlantic、パナマシティからのCopa Airlinesなど。
(Copa Airlinesはこの日がパナマシティからラスベガスへのノンストップ便就航のスタートだそうです。)

その後7/31には国内線の利用が始まりますが、Hawaiian やUnitedのT3利用は8月後半からの予定です。

今年はCopa Airline以外にも、British Airwaysが既存のヒースロー便に加えて
週3便のロンドン・ガトウィック便をスタートさせるほか、夏の間、ドイツのAir Berlinによる
デュッセルドルフ・ノンストップ便、オランダのArkeFlyのアムステルダム・ノンストップ便の運行が予定されるなど、
海外からのフライトが続々とラスベガスにやってきます。

明るく広々とした新ターミナルを使うことで、何より海外から到着する方々のラスベガスの第一印象が
今よりも格段に良くなるでしょう!
新しいラスベガスの顔「マッキャランT3」は、街の期待を一身に背負って出番待ちというところです。



■これまでの関連エントリー  
2012年期待の星・マッキャラン空港ターミナル3 [ Jan. 2012]
オープンまで8ヶ月 - ラスベガス・マッキャラン空港の新しいターミナル [ Oct. 2011]
がんばれ。ラスベガス・マッキャラン空港 [ Jun. 2010]
ラスベガスに降り立つ飛行機たち [ Feb. 2010]






記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員の石川 葉子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員
名前:石川 葉子

石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > ラスベガスの新しい顔・マッキャラン国際空港新ターミナル・T3

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について