トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > ラスベガスの秋祭り・大きくなって今年も大盛況

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

ラスベガスの秋祭り・大きくなって今年も大盛況

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー 投稿日:2011年10月24日



akimatsuri_2011_02.jpg


ここラスベガスも週末を中心に、イベントが目白押しの10月。
昨年初めて行なわれた日本人コミュニティによる「秋祭り」も、先週10/15(土)第二回目が開催されました。


akimatsuri_2011_03.jpg
チャイナタウンプラザのゲートに掲げられた秋祭りのサイン。
遠くに見えるのは、WynnホテルとEncoreホテル。



手探り状態から始まった昨年の秋祭り は、街の公園でささやかに催されたのですが、
それでも予想を大きく上回り600人近い人が集まってくれました。

そして今年は、通称「チャイナタウン」と呼ばれているショッピングモール、
「チャイナタウンプラザ」へ場所を移し、駐車場の一部を借り切って朝11:00から夜8:00までの開催。


ステージでのパフォーマンスやフード、ゲームなどが用意され、
ネバダ日米協会の協力のもと「東北地方太平洋沖地震の被災者支援募金」の活動も行なわれていました。


今年の来場者は、約4,000人。
広くはないラスベガスで、「Japanese Culture Fair」にこれだけの人が興味を持って
足を運んでくれるというのは、なんとも嬉しい驚きです。



akimatsuri_2011_15.jpg

会場の中心となったステージ。やぐらをイメージして作られています。

ここは、コスプレ・コンテスト、カラオケ・コンテストのほか、合気道・居合道・弓道それぞれの
道場の方々によるデモンストレーション、和太鼓のステージ、Hip Hopダンスチーム、マーシャルアーツ(武術)のグループ、
日本舞踊、奄美三味線・沖縄三味線 などのパーフォーマンスの舞台となりました。



akimatsuri_2011_16.jpg

コスプレ・コンテスト参加者の皆さん。
日本生まれでありながらすでに一人歩きを始めて世界中へ広がったコスプレ文化。
会場では、コンテストに参加しないコスプレっ子たちも練り歩くなど、
ラスベガスでも地道に根付いていたことを発見。



akimatsuri_2011_17.jpg


こちらは優勝したセーラームーンの二人組。
会場内でも「一緒に写真撮って!」とひっぱりだこ。



お祭りにはかかせないゲームも、射的、ヨーヨー釣り、輪投げ、金魚すくいが用意されていました。

一番人気の金魚すくい。


akimatsuri_2011_12.jpg

akimatsuri_2011_13.jpg




そして、ヨーヨー釣り。

akimatsuri_2011_14.jpg
「ヨーヨー」は、ミッキーやクマのプーさんのキャラクターつき。



子供たちと一緒に折り紙を楽しむクラフトブースもありました。(私もほんの少しここをお手伝い)
ここでは、練習用のハンドメイド折り紙パックを販売していて、売上は被災者支援募金の募金箱へ。

akimatsuri_2011_10.jpg




新聞紙で折られたカブトは結構人気でしたね。

akimatsuri_2011_11.jpg

「Kabuto をかぶりたい!」という子がたくさんいて、用意したカブトはすべてお持ち帰りされました。



お祭りフードも結構充実。
ラスベガスのポピュラーな日本食レストランが勢ぞろい ~ RAKU の焼き鳥、Ichiza のカレーライ
ス、Monta のラーメン、Kyaraの焼きそば、Ichibanのお寿司パック ~
そして、人気のハワイアン・シェイブアイス(カキ氷)のフードトラックもありました。


akimatsuri_2011_08.jpg

akimatsuri_2011_07.jpg

お祭りでの食べ物は、誰もが一番楽しみにしている「アトラクション」かもしれませんね!
どこもかしこも長蛇の列で、20-30分待ち、時間帯によっては1時間近く待つこともあったようです。
炎天下の中、待つお客さんも作る人たちも大変だったことでしょう!

私や友人達もたこ焼きを買うのに20分並び、焼き鳥を買うのに30分並び、
シェイブアイスは手にするまでに40分以上はかかりました。
あまりの待ち時間の長さに「食べたいけど、あきらめた・・・」という声も聞かれました。


akimatsuri_2011_04.jpg
たこ焼きのお店は、ロサンゼルスから駆けつけてくれました。
後から教えてもらったのですが、この日、たこ焼きを買うためだけにお祭りに来た人もいたのだとか。


akimatsuri_2011_09.jpg

夕方には売り切れのお店も。
でもこのあと追加の材料を持ち込んでお店は再開され、再び長い列が。



夕方になっても、会場は人・人・人。

akimatsuri_2011_18.jpg


昼間の気温は軽く30度は越えていましたので、涼しくなってから遊びに来た人も多かったかもしれません。
実はこのあと、メインイベントのひとつともいえる盆踊りが待っているのです。

夜7時すぎから始まった盆踊り。

akimatsuri_2011_19.jpg

ステージの周りを輪になって踊ります。
定番の曲からなつかしの歌謡曲まで次から次へと続きましたが、
トリはこの日お披露目となった、「ラスベガス音頭」。


そして、この秋祭りのために作られた「ラスベガス音頭」を披露してくれたのは、
これも初登場の「秋祭りダンサーズ」でした。

今年7月までラスベガスで公演されていたショー、「祭 "Matsuri"」の元メンバーの方々で結成されたチーム。
涼しげなゆかた姿で元気にリードをしてくれました。

「祭 "Matsuri"」は、次から次へと飛んだり跳ねたり勢いのあるすばらしいショーでしたが、
そのイメージを継承して、「ラスベガス音頭」はかなりアップテンポな曲に仕上がっています。
それでも不思議なもので、盆踊りにしっくりとはまっていたのが印象的。

akimatsuri_2011_20.jpg

最後には、チビッコたちもステージに上がって踊りを楽しみました♪


さて、この日はテレビ局やコミュニティ紙などの取材が入っているのを見かけましたが、中国系の"Las Vegas Chinese News Network"のサイトにも当日の写真がアップされているのを発見。
秋祭りは、「"秋祭" 遊園會」となっていて、Google Translateで訳してみたのですが、お祭りの紹介のあと、クライマックスの盆踊りについて、
「日本の民族文化と多民族文化が調和した楽しいものであった。」とまとめられているみたいです。


考えてみれば昨年もそうでしたが、今回のお祭りもチャイナタウンプラザを始めとして、
様々なコミュニティの方々が、「日本のお祭り」を盛り上げて成功させるべく、
がんがん後押しをしてくれました。
つまりこの「お祭り」自体が、日本の文化を紹介するものでありながら、
すでにいろいろな文化と交じり合いながら生み出されたもののように思います。

そして来年以降も、イベントの開催を通して文化交流はさらに深まり、
それだけ味わい深い「お祭り」になっていくのではないでしょうか。

秋祭りを「なつかしい!」と感じる日本人の方々にとっても、まったく新しい文化イベントとして
参加する方々にとっても、それはとても楽しみなことですよね。



■これまでの関連記事
ラスベガスで初めての秋祭り! [ Oct. 2010 ]
ラスベガスでのチャリティ・フリーマーケット(東日本大震災) [ May. 2011 ]




人気ブログランキングへ   Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員の石川 葉子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員
名前:石川 葉子

石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > ラスベガスの秋祭り・大きくなって今年も大盛況

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について