トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > 大雨のラスベガス

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

大雨のラスベガス

カテゴリー:天気・気候・気温 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2010年12月23日



Rain_3.jpg
中央のパームツリーの左側がニューヨーク・ニューヨークホテル。右側で雲に隠れてしまっている高層ビルディングは、
シティセンターのマンダリン・オリエンタルホテル。


こちらラスベガスは先週から雨・雨・雨。
雨雲がどよーんと垂れ込めて、これでもか、と言うくらいがんがん降り続きました。


普段雨のないこの街で雨が降るとどうなるかは、今年の始めにこちら で書きましたが、
今日もあちらこちらで道路が川となり、信じられないくらい派手な水しぶきをあげながら車が走っています。

レッドロックキャニオンでは、いくつかのトレイル周辺で洪水というか鉄砲水が起こり、
昨日からシーニック道路もビジターセンターもクローズとなってしまいました。


「恵みの雨」もラスベガスの場合は、ちょっと降り続くとやっかいものになってしまうのがつらいところ。


マッキャラン国際空港の観測で、今日現在今年1年の降雨量は4.73インチ(約12cm)で、
通常の年間降雨量を約1cm上回り、2005年の記録を更新したそうです。

さて、この雨も今晩遅くには上がる模様。
明日からは天気も回復して、週末のクリスマスには久しぶりに太陽を見ることができるようです。う、嬉しい。






人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員の石川 葉子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員
名前:石川 葉子

石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > 大雨のラスベガス

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について