トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > スーパーボウル後記

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

スーパーボウル後記

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / スポーツ・観戦 投稿日:1999年2月 1日

34対19のスコアで、デンバー・ブロンコスの圧勝に終わった第33回スーパーボウル。デンバーが34点をスコアした時点で、全米では試合が終わっていないのに早々と「デンバーの一方的な試合だったね(=つまんない試合だったね)」と祝賀ムード(アトランタ・ファンが多い所では、沈痛ムード)が、漂っていたに違いありません。 しかし、ここLVでは、その時点でもまだ「戦い」は続いていたのでありました。


前回の記事通り、ここではスポーツに賭ける事が出来ます。一番人気が高いのは、スプレッド付きでチームの勝ち負けに賭けるものですが、次に人気が高いのがトータル(ナンバーともいう)に賭けるもの。どういうことかというと、二チームの得点を足すと、ある設定されたナンバーより高いか低いかを賭けるものです。


カジノや日によって、その設定ナンバーに変動があるので、多少幅があるのですが、今回カジノが設定したナンバーは大体51~54。既に敗北ムードが漂うアトランタが、第4クォーターで、タッチ・ダウンを決めたあたりでは、恐らく全米のTV観客が、あくびをしながら観戦していなかったのに比べて、LVでは大興奮のウズ。その時点で二チームの合計点が53になって、ナンバーが54の時賭けた人は、タッチダウン後のエクストラ・ポイントいかんによって、自分の勝ち負けが決定するとあって、みんな目が真剣だったりするのです。ね、お兄さん!全米のみんなが「つまんない試合だったね」と言っているのに「手に汗握ったぜ」なんて言っている人がいるのも、やっぱりLVならでは。スーパーボウルの楽しみ方も、他の州とはちょっと違って、LVってホント面白い。

294.jpg

スーパー・ボウル二連勝おめでとう!ブロンコス・クォーターバックで、MVP獲得のエルウェイ選手。引退しちゃうのかな?


写真提供:1999 Lycos
(c)Rob Tringali Jr.; SportsChrome USA

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

高木 青葉

アメリカ・旧ラスベガス特派員の高木 青葉が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/旧ラスベガス特派員
名前:高木 青葉

高木 青葉

平行して、時にはユタ州住人、またある時はカリフォルニアのモハヴェ砂漠住人 1995年 ~

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > スーパーボウル後記

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について