トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > スペースシャトル打ち上げ記念、ちょっとした拾い話

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

スペースシャトル打ち上げ記念、ちょっとした拾い話

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:1998年10月29日

☆テキサスのジョンソン・スペース・センターに隣接する市、ナッソー・ベイでは、市の広報のためスペース・シャトルの形をした熱気球を作ってしまったからすごい。旅行中、アメリカの空で見かけたら、手を振って応援してね。

☆スペース・シャトルはフロリダのケープ・カナベラルから打ち上げられますが、打ち上げ後の地上との交信はテキサスのヒューストン郊外にあるジョンソン・スペース・センターとの間で行われます。ですから、打ち上げ直後のシャトルからの第一声は「ヒューストン」という呼び掛けから始まるのが常で、宇宙飛行士を夢見るアメリカの子供たちは、宇宙船ごっごをする時、「ヒューストン、ヒューストン、こちら○○号、応答願います」と言って真似をするのが定番です。
 ラスベガス・ヒルトンがスペースクエスト・カジノをオープンした時、広告コピーのひとつに、「ヒューストン、勝者が出ました(Houston, we have a winner.)」というのがありました。これは、スペースクエストが「宇宙ステーションにあるカジノ」というのがテーマだからで、宇宙ステーションがヒューストンのコントロール・センターにカジノで大当りをした人が出たことを知らせているという設定です。
 それにしても、一度でいいから、宇宙から「ヒューストン」と呼びかけたいと思うのは私だけではないはず。

318.jpg
アメリカ人は楽しむことにかけては天下一品。これはスペースシャトルを模した熱気球。本物より30%大きい。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

高木 青葉

アメリカ・旧ラスベガス特派員の高木 青葉が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/旧ラスベガス特派員
名前:高木 青葉

高木 青葉

平行して、時にはユタ州住人、またある時はカリフォルニアのモハヴェ砂漠住人 1995年 ~

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > スペースシャトル打ち上げ記念、ちょっとした拾い話

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について