トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > 待望の豪華メガ・リゾートのベラージオがオープン その3

アメリカアメリカ/ラスベガス特派員ブログ

待望の豪華メガ・リゾートのベラージオがオープン その3

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:1998年10月16日

★★★ショッピング★★★

 高級ブランド品店がずらりと並んで、話題騒然なブティック街。ブランド名をあげると、アルマーニ、エルメス、プラダ、グッチ、シャネル、テファニーとブランド好きにはたまりません。おまけに、鳴り物入りで高級店が一度にオープンしたので注目度が高いのと、開店直後で早く顧客をつかむために、在庫や品揃えに力を入れるお店が多く、他の都市で売り切りの商品や新製品のレアものが何気なく飾ってあったりするのです。
 もちろん、ベラージオのロゴ入りグッズなどを置いた普通のお店もあります。


★★★レストラン★★★

★Le Cirque
 ニューヨーク(NYNYではなくて本物の)の超有名フレンチ・レストラン Le Cirqueが、ラスベガスに上陸。思い出のデイナーをどうぞ。コモ湖に面している席をリクエストすればもう完璧。アントレの平均お値段は35ドル前後。プリフィックスのコースは一人90ドル。前もって予約した方がベター。電話番号は、1-888-987-7111か702-693-7223まで。ディナーのみで、5時30分から11時30分まで。.

★Picasso
 ピカソの作品に囲まれた、地中海料理のレストラン。ワイン・セラーの品揃えや、ピカソの息子がデザインしたカーペットが話題。電話番号は、1-888-987-7111か702-693-7223まで。ディナーのみで、6時から10時まで、金土のみ11時まで。水曜日はお休み。

★Circo
 やはり、Le Cirqueを開いたマシオーニ夫妻の3人の息子達の手による、ニューヨークのレストラン、Osteria del Circoのラスベガス店。イタリアのトスカナ地方の家庭料理が中心で、デイナーはもとより、ランチもあります。ここもやっはりコモ湖に面しています。週末のディナーは予約をした方がベター。電話は1-888- 987-7111か702-693-7223まで。ランチは11時30分~2時30分まで、ディナーは5時30分から12時30分まで。

★Noodles
 ハイソなレストランで食事もいいけれど、私の一番のお薦めなのが、このヌードルズ(麺)。アジアの麺類が一同にそろって、日本のうどんやお蕎麦もあります。「高級」カジノでこんな庶民的なメニューに出会えるなんて、うれしいなぁ。やはりチャイニーズ系の方のお店なので、チャイニーズ系のお料理が、私のお薦め。麺類に限らずチャーハンなどのご飯ものもあり、中でもピータン入り白粥は、カジノで夜更かしした翌朝の胃にもすんなり収まります。春巻きも、アメリカでよく見かける「スプリング・ロール」なんてカタカナで書きたくなってしまう代物ではなく、小振りのパリパリした「春巻き」なのには感動。飲茶もあります。従業員もとってもフレンドリーで感じがいいし、もう◎(二重丸)。朝11時から明け方の3時まで。

★バッフェ
 月曜-金曜:朝食8.95ドル、ランチ12ドル、ディナー19.50ドル。
 土曜-日曜:朝食8.95ドル、ブランチ18.50ドル、ディナー19.50ドル。


★★★宿泊予約★★★

 平均のお部屋代は155ドルという事ですが、早くも時期と曜日によっては99ドルなんてレートも出てきました。インターネットで予約が出来ますので、お試し下さい。なおインターネットでの予約にはクレジット・カードが必要な他、予約をした時点で一泊分のデポジットがチャージされます。キャンセルする場合、宿泊予定日の2日前以上にキャンセルしないと、このデポジットは戻ってきません。
http://209.54.53.19/default.html

場所:ストリップとフラミンゴの南西の角。

324.jpg
約2000ドルするエルメスの自転車(上)、白粥と烏龍茶で元気がでそう(下)。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

高木 青葉

アメリカ・旧ラスベガス特派員の高木 青葉が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/旧ラスベガス特派員
名前:高木 青葉

高木 青葉

平行して、時にはユタ州住人、またある時はカリフォルニアのモハヴェ砂漠住人 1995年 ~

ラスベガス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ラスベガス(ネバダ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラスベガス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ラスベガス特派員 > 待望の豪華メガ・リゾートのベラージオがオープン その3

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について