トップ > ヨーロッパ > キプロス > ラルナカ特派員 > 【はじめまして】レフカラレースが生まれたレフカラ村

キプロスキプロス/ラルナカ特派員ブログ

【はじめまして】レフカラレースが生まれたレフカラ村

カテゴリー:お知らせ / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年1月22日

皆さまラルナカ特派員となりましたキプロス55と申します。キプロス人家族と賑やかにローカルライフを満喫しています!魅力たっぷりの地中海キプロスの情報と生きた情報をお届けしていきたいと思っています!また現地サポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください!これから宜しくお願い致します!

IMG_6806.JPG
レフカラ村は、キプロスの伝統民芸品レフカラレースが生まれた場所です。レフカラレースは現在ユネスコの無形文化遺産とされています。また日本旅行業協会のヨーロッパの美しい村30選にも選ばれております。村を歩いているとレフカラレースと銀細工を販売している小さなお店がいくつもあり、お店の前では村の女性達がレフカラレースを作っている姿を見ることが出来ます。先祖代々母から娘へと受け継がれてきた伝統手工芸は現在では後継者が減ってしまっているそうです。レフカラレースの柄は、幾何学模様、十字架、虫などがありますが製作者の自由に製作できます。レフカラレースはキプロスの国境を超えて評判が広がり多くのヨーロッパの国に知られていました。レフカラ村は、レフカラレースのおかげで繁栄し19世紀終わり頃には貿易取引が行われ20世紀初め頃までの30年間栄えていました。

レフカラ村は、海抜650mにありトロードス山脈の南東辺りにあります。ニコシア市内からは45km、ラルナカ国際空港からは30㎞離れたところにあります。海が近い割りに湿度は低く、夏季のあいだは過ごしやすいです。レフカラ村の人口は2017年度の調べではおおよそ1000人ほどとされています。レフカラ村の名前の由来は、村の周りに白い岩(石灰石)が多くあったためギリシャ語で白い岩lefkaraと名付けられたそうです。1489年から1570年の間ヴェネチアの支配下にありヴェネチア貴族とその家族のサマーリゾート地として人気がありました。ヴェネチアの貴婦人達がレフカラ村の女性達と交流し、レフカラレースの編み方を伝授したとされています。レフカラレースはリバーシブルで使用でき3色の茶色、白、肌色の色合いで作られます。1メートル四方のレースを仕上げるのに半年以上かかるそうです。

IMG_6812.JPG

あの有名な芸術家レオナルド・ダ・ウィンチもキプロスの女王キャサリン・コルナロに招待されキプロスに訪れた際にレフカラ村にも訪れたという説があります。その際に刺繍が施された大きなテーブルクロスを購入されたそうです。それは後にミラノ大聖堂で見つかりレフカラ村のレフカラレースだと判明され、本当にレオナルド・ダ・ウィンチがレフカラ村に訪れていたと認められたそうです。そのことからイタリアとキプロス両国で式典が行われました。レフカラ村の人々によると名画「最後の晩餐」に描かれているテーブルクロスはレフカラ村のレフカラレースだと言われているそうです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

キプロス55

キプロス・ラルナカ特派員のキプロス55が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

キプロスキプロス/ラルナカ特派員
名前:キプロス55

キプロス55

キプロス共和国でキプロス人家族と在住中。ローカルな暮らしを肌で感じつつ、キプロス文化とキプロス料理を学んでいます。キプロスと日本の架け橋になれるように活動中。地中海キプロスの魅力をたっぷりお届け致します。現地サポートなどご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。 インスタグラム DISQUS ID @disqus_uVsEHq9mRW

ラルナカ特派員トップにもどる

その他のキプロスの特派員

ラルナカを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ラルナカ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > キプロス > ラルナカ特派員 > 【はじめまして】レフカラレースが生まれたレフカラ村

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について