トップ > 日本 > 京都特派員 > 文学芸妓が愛した「祇園白川の紫陽花」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

文学芸妓が愛した「祇園白川の紫陽花」

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2022年6月 3日

6月といえば紫陽花ですね。
祇園白川にも紫陽花が咲いてきました。

IMG_5419.jpg


白川沿い朱塗りの玉垣の景色。
白川沿いは桜の木が多く、春の日には桜のトンネルとなります。
またここは、季節ごとの花が咲く場所でもあります。
桜の後にはツツジ。
そしていまは紫陽花が咲いてきました。

IMG_5423.jpg

かつて祇園白川のこの辺りには「大友」(だいとも)というお茶屋がありました。


IMG_5432 (2).jpg


お茶屋「大友」の女将「磯田多佳」は祇園甲部の芸妓さんでしたが、一方で夏目漱石や谷崎潤一郎、吉井勇、志賀直哉、高浜虚子、浅井忠、横山大観など、多くの文学者や芸術家と交流した歌人であり、「文学芸妓」と呼ばれていました。


IMG_5429.jpg


しかし時代が戦争後期に入り、戦局が悪化して、お茶屋「大友」も撤去され、多佳さんは終戦の年に亡くなられています。
多佳さんが好きだった花は紫陽花。


IMG_5425.jpg

彼女は終生、雨の日と紫陽花を好まれていたそうです。

IMG_5440.jpg

谷崎潤一郎が磯田多佳一周忌にちなんでつくった
手向けの歌2首は......


「しら河の 流れのうへに 枕せし 人もすみかも あとなかりけり」

「あじさいの 花に心を 残しけん 人のゆくへも しら川の水」

IMG_5435.jpg


2022年6月のいま、祇園白川沿いには多佳さんが好きだった紫陽花が咲いてきました。

【祇園白川】
・住所: 京都市東山区新橋通周辺
・アクセス: 京阪「祇園四条駅」より徒歩約3分、京阪「三条駅」より徒歩約5分、阪急「河原町駅」より徒歩約5分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 文学芸妓が愛した「祇園白川の紫陽花」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について