トップ > 日本 > 京都特派員 > 二つの窓「鷹ヶ峯・源光庵」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

二つの窓「鷹ヶ峯・源光庵」

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年5月28日

鷹ヶ峰・源光庵へと向かいました。
源光庵は、市内から緩やかな勾配が続く千本通りを上ったところ、鷹ヶ峰(たかがみね)にあります。
鷹ヶ峯といいますと、江戸時代初期の芸術家・本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が草庵を結び、学問や芸術が大いに栄えた地でもありました。

ひし形の石畳を進むと、山門が迎えてくれます。そして山門の上部分に目をやると、そこには丸い窓がふたつ見えます。
源光庵は庫裏改築による工事のため、しばらく拝観が休止されていましたが、2022年4月1日より拝観は再開されています。

IMG_5355 (2).jpg

鷹峯の辺りは、光悦寺や常照寺があり紅葉の名所でもあります。

IMG_5388.jpg

書院へと入りました。

IMG_5387.jpg

書院に広がる五月末の緑の景色。

IMG_5368.jpg


《二つの窓》

本堂に入ると、印象的な二つの窓が迎えてくれます。
IMG_5376 (2).jpg

二つの窓の、四角い「迷いの窓」は「人間の⽣涯」を象徴し、⽣⽼病死の四苦⼋苦を表しています。
 
IMG_5371.jpg

そして、丸い「悟りの窓」は「禅と円通」の⼼を表し、円は大宇宙を表現しています。※源光庵ウェブサイトより

IMG_5373.jpg

緑美しい鷹ヶ峰の源光庵。
まさに、瞑想するのにぴったりの場所です。


IMG_5386.jpg


【源光庵】

・住所: 京都市北区鷹峰北鷹峰町47
・拝観時間: 9:00〜17:00
・拝観料: 大人 400円
・駐車場: 有り(25台、無料)
・アクセス: 市バス6、北1番系統「鷹峯源光庵前」下車徒歩約1分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 二つの窓「鷹ヶ峯・源光庵」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について