トップ > 日本 > 京都特派員 > カキツバタ咲く「太田神社」へ

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

カキツバタ咲く「太田神社」へ

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年5月15日

《上賀茂神社から社家の家並みを歩いて太田神社へ》

2022年5月15日の上賀茂神社です。
本来5月15日は、京都では「葵祭」が行われる日ですが、昨年に続いて今年もコロナで中止となっています。

IMG_5307.jpg

来年の葵祭を楽しみに待ちたいと思います。
神社境内に流れる明神川の景色を眺めながら、太田神社に続く通りへと出てみます。

IMG_5346.jpg

《社家の町並み》
太田神社へは、上賀茂神社からゆっくり歩いて15分くらいの距離です。


IMG_5310 (2).jpg

道沿いには、上賀茂神社の神官さんの社家(しゃけ)と言われる風情ある家並みが続いています。

IMG_5341.jpg


川沿いの通りを歩くと、明神川の守り神として建つ藤木社と大きなクスノキが見えました。
大きなクスノキは、 樹齢五百年以上の大木です。
IMG_5337 (2).jpg

いよいよ太田神社に着きました。

IMG_5317.jpg

まずは、お参り。

IMG_5318.jpg

太田神社は、天鈿女命(アメノウズメノミコト)をまつる神社です。
境内にある大田の沢では、杜若(カキツバタ)の群落風景が広がっています。
毎年4月末から咲き始めて5月初旬~中旬が見頃となります。

IMG_5330.jpg

カキツバタの花は、ひと株で3回花を咲かせ、花の形はあやめに似て色は薄紫色です。

広さ約0.2ha(1212畳分)の敷地に、約2万5000株のカキツバタが広がる光景は、とても風情があります。
平安時代の歌人・藤原俊成の和歌に詠まれています。
「神山や大田の沢のかきつばた  深き頼みぞ色にみゆらむ」

大田の沢の杜若(カキツバタ)は、国の天然記念物にも指定されています。

IMG_5328.jpg

例年、4月末から咲き始め、5月中旬に満開になるということで、5月15日の葵祭とともに楽しむ方も多いのですが、今年は開花が早かったのか、少し見頃を過ぎた感がありました。

【太田神社】
・住所: 京都府京都市北区上賀茂本山340
・拝観料: カキツバタの時期 育成協力金300円
・拝観時間: 日の出~日没
・アクセス: (バス)京都駅から京都市営バス4号系統「上賀茂神社前」下車/四条河原町から京都市営バス46号系統「上賀茂神社前」下車
 (地下鉄)北山(京都府)駅3出口から徒歩約18分/地下鉄 北大路駅1出口から徒歩約22分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > カキツバタ咲く「太田神社」へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について