トップ > 日本 > 京都特派員 > これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年1月 1日

《雪の大原》
新年明けましておめでとうございます。
大晦日からの寒波で、元旦の京都は雪化粧の朝となりました。
初詣を済ませて、大原へと向いました。
大原へは、京都市内から八瀬から福井県に続く道、若狭街道(鯖街道)を通って向かいます。
若狭街道から三千院に通じる小道へと入りました。

IMG_4566 (2).jpg

三千院前のおみやげ&食事処も雪景色のなかです。

IMG_4571 (2).jpg

大原のこの辺りは、三千院をはじめとして静かなたたずまいの寺院が並んでいます。
この日最初に向かったのは宝泉院。
律川にかかる無明橋を渡って、宝泉院へと向います。

IMG_4573.jpg

緩やかな石段を下がり、勝林院前を左に入り少し進むと宝泉院。

IMG_4578.jpg

着きました。
宝泉院です。

IMG_4580.jpg

元旦で雪の日ですから観光の方も少なく、静かな世界が広がっています。
IMG_4583.jpg

客殿へと入りました。
ここはオープンエアで大原の冷気が室内に伝わってきます。
大きな五葉の松が迎えてくれました。樹齢、約700年。
宝泉院は、隣の勝林院の塔中寺院で、かつては修行僧が住む場所でした。
長い歴史のなかでは、無住寺の時も長く、荒れた庭に堂々と五葉の松が立っていたそうです。

IMG_4603 (2).jpg

その景色を、明治~昭和期の俳人 高浜虚子は、
「大原や 無住の寺の 五葉の松」と、詠んでいます。
この句が詠まれた頃の大原は、さぞかし静かな世界だったのでしょうね。

温かい抹茶とお菓子をいただきました。

IMG_4592.jpg
 
目の前に広がる庭園の眺めに、寒さも忘れてただただ見入ってしまいます。


IMG_4615 (2).jpg

《立ち去りがたい景色》

客殿の前に広がる庭園の名は、盤垣園(ばんかんえん)。
「立ち去りがたい」という意味の庭園とのこと。
冬の大原・宝泉院。
まさしく「立ち去りがたい」景色。 
2022年が明けました。本年も宜しくお願い申し上げます。
京都特派員 Akio

IMG_4608 (2).jpg

【宝泉院】 
・住所: 京都市左京区大原勝林院町187
・拝観料: 一般800円(お抹茶・和菓子付き)、勝林院・宝泉院・共通券1000円
・拝観時間: 9:00~17:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について