トップ > 日本 > 京都特派員 > 京都観光の穴場「渉成園・枳殻邸」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

京都観光の穴場「渉成園・枳殻邸」

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2021年11月15日

京都の紅葉は、色づき始めが多いですが、ところどころで見頃の場所も出てきました。
京都駅近くの渉成園(しょうせいえん)・枳殻邸(きこくてい)です。
ここは、京都観光の穴場的なところでもあります。
渉成園・枳殻邸は東本願寺の飛び地で、京都駅から歩いて行ける距離(徒歩約10分)です。
観光シーズンでも、あまり混まずにゆっくりと散策できます。
季節ごとに美しい花が咲く庭園では、新春は梅、春は桜、6月は紫陽花に蓮。夏は睡蓮。
秋は紅葉と、四季折々に美しい花が咲きます。

印月池からは太鼓橋と京都タワーが見えますよ。

IMG_3538 (2).jpg

《光源氏へと想いをはせる風景》

渉成園の地は、平安時代の初期(887年頃)嵯峨天皇の皇子・源融が営んだ「六条河原院」の旧蹟であったと言われています。 
この源融こそ、あの『源氏物語』の主人公・光源氏のモデルではないかと言われる人物です。

IMG_3571 (2).jpg

源融は六条河原院を造営する際、奥州塩釜(宮城県塩釜)の風景を模して庭を造ったといわれ、毎月、難波から海水を運ばせて、この池を作ったそうです。
そのため、庭内には「塩釜」の井筒「塩釜の手水鉢」などが景物として残されています。
また、源融の供養塔もこの地に残っています。


IMG_3541 (2).jpg

渉成園の名は、かつて周囲に植えられていた枳殻(カラタチ)の生垣にちなんで、枳殻邸(きこくてい)とも呼ばれています。
園内の建物は1858年・1864年の2度にわたり焼失していますが、現在の建物は明治初期から順次再建されたものです。

IMG_3546.jpg

庭は1653年、詩仙堂の庭園などを造った石川丈山が作庭。
国の名勝となっています
町のなかにあるのに、自然豊かな景色が広がる「渉成園・枳殻邸」。
ゆっくりと秋が進んでいます。

IMG_3554 (2).jpg

【渉成園・枳殻邸】

・アクセス: (バス)京都駅から京都市営バス17、205、206、208号系統「七条河原町」下車。四条河原町から京都市営バス17、205号系統「七条河原町」下車/(徒歩)京都駅から徒歩約10分
・駐車場: 普通乗用車10台程度
・拝観料: 500円以上のご志納
・拝観時間: 9:00~16:00(受付 ~15:30)
・住所: 京都市下京区烏丸通七条上る

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 京都観光の穴場「渉成園・枳殻邸」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について