トップ > 日本 > 京都特派員 > 京都も観測史上、最も早い「梅雨入り」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

京都も観測史上、最も早い「梅雨入り」

カテゴリー:天気・気候・気温 投稿日:2021年5月16日

大阪管区気象台は2021年5月16日、近畿地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。
今年の近畿地方の梅雨入りは、観測史上で最も早い梅雨入りで、平年(6月6日頃)より21日早く、昨年(6月10日頃)より25日早いそうです。

IMG_2627 (3).jpg

東大路通りから八坂通りに入り、八坂の塔へと歩きました。

石畳の小路の奥に、八坂の塔が見えます。
高さ46mの塔が建つ風景は圧巻です。

IMG_2599 (2).jpg

奈良や京都に建つ五重塔の多くは、広大な寺院の境内に建立されています。
そうしたなかで、京都の市民生活に密着した存在として、歴史を刻み続けてきたのが「八坂の塔」です。

【法観寺・八坂の塔】
・住所: 京都市東山区八坂通下河原東入八坂上町388
・アクセス: 祇園四条駅から徒歩約12分

IMG_2618 (2).jpg

《八坂の塔の正式名は法観寺・臨済宗建仁寺派の寺院》
八坂の塔の歴史は古く、飛鳥時代に聖徳太子が建てた、日本最初の五重塔といわれています。
長い歴史の中で八坂の塔は戦いや落雷で三度焼失しています。

現在の塔は、室町将軍の足利義教によって1440(永享12)年に再建され今日に至っています。
「応仁の乱」で伽藍の多くが焼失した際にも、この塔だけは奇跡的に焼失を免れました。
江戸時代初期には観光の名所になっていて、当時の名所案内にも絵入りで紹介されていたそうです。

IMG_2615.jpg

写真右手の八坂の塔の下に見える風情ある茶店は、落語家・二代目桂文之助が明治末期に創業した老舗甘味処「文の助茶屋本店」です。

IMG_2621.jpg

昨年より25日早く梅雨入りした京都。
今年の梅雨はどんな梅雨になるのでしょうか。
コロナで厳しい時ですから、穏やかな梅雨を願うばかりです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 京都も観測史上、最も早い「梅雨入り」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について