トップ > 日本 > 京都特派員 > 青もみじ美しい「酬恩庵・一休寺」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

青もみじ美しい「酬恩庵・一休寺」

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年5月13日

とんちの一休さんでおなじみの、一休宗純(そうじゅん)ゆかりの「酬恩庵(しゅうおんあん) 一休寺」です。

IMG_2521 (2).jpg

《一休さん》

一休さんのモデルになったのは、足利時代から応仁の乱を生き抜いた、一休宗純という臨済宗大徳寺派の僧侶です。
一休禅師は、後小松天皇の皇子として応永元年(1394年)に京都市西京区の地蔵院近くで生まれ、幼少の頃を地蔵院の地で過ごされました。
その後、京都市北区の大徳寺を中心に新しい禅文化の創作に努めた僧として600年以上語り継がれて来た人物です。
その一休さんが63歳からの晩年、88歳で幕を閉じるまでの25年間を過ごしたのが
ここ酬恩庵(しゅうおんあん) という古刹です。
こちらのお寺は一休禅師のゆかりにちなんで「一休寺」とも呼ばれます。


IMG_2522.jpg


総門をくぐると石畳の参道が続きます。
いまは青もみじがとても美しいです。
青もみじが美しいということは、晩秋の頃は紅葉がとてもすばらしいお寺でもあります。

IMG_2524 (2).jpg


《方丈からの眺め》

方丈へと入ります。「方丈」とは、禅寺において接客や仏事で使われる建物。
ここではすばらしい文化財や禅寺庭園など、見どころがあふれています。

IMG_2533 (2).jpg


「礼の間」に置かれているのは、一休さんが実際に使用していたという輿(重文)。
そして、一休禅師木像(重文)も拝見できます(撮影禁止)。
また襖絵は複製になりますが、江戸初期の画家・狩野探幽(かのう たんゆう)が49歳のときに手がけたものが見られます。

IMG_2538 (2).jpg

南庭、東庭、北庭の3つで構成される方丈庭園は松花堂昭乗、佐川田喜六、石川丈山の合作と伝わり、江戸時代を代表する庭園として名勝指定されています。

IMG_2542.jpg

境内には一休さんの墓所もあります。
一休さんは後小松天皇の皇子ですので、一休さんの墓所は宮内庁が管理しています。

IMG_2530 (2).jpg

酬恩庵一休寺があるのは、京田辺市。

IMG_2548.jpg

京都市の中心部からは離れていますので、市内の観光地の様な喧噪はなく静かな時間を過ごすことができます。

IMG_2549.jpg

青もみじ美しい酬恩庵一休寺。
晩秋には彩りの世界が広がっていると思います。
コロナが収まったらぜひお越しください。

IMG_2555 (2).jpg

【酬恩庵・一休寺】
・住所: 京都府京田辺市薪里ノ内102
・時間: 9:00~17:00、宝物殿 9:30~16:30
・定休日: なし
・拝観料: 中学生以上 500円、小学生 250円
・アクセス: JR学研都市線「京田辺」駅下車、徒歩約15分/近鉄京都線「新田辺」駅下車、徒歩約20分
・駐車場: 乗用車 300円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 青もみじ美しい「酬恩庵・一休寺」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について