トップ > 日本 > 京都特派員 > 晩春を彩る3000株の山吹が見頃「松尾大社」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

晩春を彩る3000株の山吹が見頃「松尾大社」

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年4月12日

西京区の松尾大社では山吹が見頃を迎えています。
場所は、京都のメインストリート四条通の西の端に位置しているのが松尾大社です。
アクセスは阪急電車が便利で、阪急嵐山線「松尾大社」駅を下車すると、すぐ目の前です。
JR京都駅からの市バスでは約40分ほど。
車でのアクセスは、物集女街道(29号線)を嵐山方面へ進むと松尾大社が見えます。

《松尾大社の歴史》
大宝元(701)年、秦忌寸都理(はたのいみきとり)により、松尾山の頂上付近・大杉谷の磐座の神霊を社殿に移したことに始まり、平安遷都の後、賀茂神社とともに王城鎮護の社とされ「賀茂の厳神、松尾の猛霊」と称されました。古くからお酒の神様として信仰を集めています。

IMG_2147 (2).jpg

《晩春に咲き誇る3000株の山吹》
松尾大社は、関西でも随一とされる山吹の名所。
境内を流れる一の井川沿いを中心に数約3000本と言われる山吹の咲く風景はすばらしいです。


IMG_2151.jpg


山吹が群生している、一の井川の川沿いでは、山吹と水車とか、写真映えする風景に出合えます。

IMG_2154.jpg


「花の命は短くて......」と言いますが、桜とともに山吹の花も咲いたと思ったら、すぐに散り始めて行く花です。
山吹の花の見頃期間は約10日くらいだそうです。

IMG_2149 (2).jpg

山吹の花の山吹色といえば、オレンジ色と黄色の中間色。
小判の黄金色にも例えられています。
こちらは一重の山吹。

IMG_2141.jpg

八重の山吹。
山吹を詠んだ松尾芭蕉の俳句は......
「ほろほろと山吹散るか滝の音」

IMG_2142.jpg


境内には酒造業者が奉納した酒樽がたくさん奉られています。
境内に湧く「亀の井」の湧き水を入れて酒を造れば腐らないと言われてきました。
この水は「延命長寿」「よみがえりの水」としても知られています。

IMG_2182 (2).jpg

【松尾大社】
・住所: 京都市西京区嵐山宮町3
・アクセス: (バス)京都駅から京都市営バス28号系統「松尾大社前」下車。もしくは、京都駅から京都バス73、83系統「松尾大社前」下車/(電車)阪急嵐山線「松尾大社」下車
・駐車場: 無料(バス10台、自家用車100台)
・境内散策: 自由
・松風苑庭園: 大人 500円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 晩春を彩る3000株の山吹が見頃「松尾大社」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について