トップ > 日本 > 京都特派員 > 京のど真ん中に咲く桜「六角堂」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

京のど真ん中に咲く桜「六角堂」

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2021年3月20日

「六角堂」の桜が見頃を迎えてきました。
烏丸六角に建つ「六角堂」。
聖徳太子によって創建された六角堂は、京都の町の真ん中にあります。

正式名称は「頂法寺」ですが、六角通りに建っていることと、本堂が六角の形をしていることから六角堂と呼ばれています。

IMG_1724.jpg

《六角柳》

桜とともに六角堂で有名なのは六角柳です。
平安時代から「六角堂の柳に願をかけると良縁に恵まれる」という噂が広がり、いつの頃からか「縁むすびの柳」とも呼ばれています。

IMG_1722.jpg

《都のど真ん中を表す、へそ石》

こちらは、京の町のど真ん中を表す「へそ石」。
「へそ石」は直径50cmほどの平らな六角形の石。
この石は、かつての平安京の中で、都のど真ん中の位置を表していると伝わっています。

IMG_1239 (2).jpg

《いけばな発祥の地》

そして六角堂と言えば「いけばな発祥の寺」です。 
かつて六角堂の北側の池の畔に、僧侶の住坊があり、「池坊」と呼ばれるようになりました。
代々六角堂の住職を務める池坊は、仏前に花を供えるなかでさまざまな工夫を加え、室町時代に「いけばな」成立にいたります。
寛正3(1462)年には池坊専慶が花を挿し、京の人々の間で評判になったそうです。
そして時代は移り、江戸時代初期に活躍した三十二世池坊専好は、後水尾天皇に重用され、寛永6(1629)年には御所の紫宸殿で立花会がたびたび催されたそうです。
↓は、境内にある専好の立花復元のモニュメント。

IMG_1752 (3).jpg

現代の烏丸六角はオフィス街です。
ビル街の中、京都のど真ん中に咲く「六角堂の桜」。
見頃を迎えてきました。


IMG_1726.jpg


〇京都の桜の豆知識
ここ六角堂の桜が咲く頃、近くの京都御所の近衛邸跡の「糸桜」や同じく御所の「出水の桜」、京都府庁の中庭に咲く「早咲きの桜」もほぼ同時期に見頃を迎えます。

IMG_1740.jpg

【六角堂】
・住所: 京都市中京区六角町東洞院西入堂之前248
・時間: 6:00~17:00 散策自由
・アクセス: 京都市営地下鉄「烏丸御池」駅5番出口から徒歩約3分、阪急京都線「烏丸」駅21番出口から徒歩約5分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 京のど真ん中に咲く桜「六角堂」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について