トップ > 日本 > 京都特派員 > 中秋の名月と「東寺・五重塔」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

中秋の名月と「東寺・五重塔」

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2020年10月 2日

10月1日は中秋の名月でした。
夕暮れと共に東の空から大きな月が上ってきました。
僕は東寺が見える陸橋の上から月を眺めました。


IMG_0025.jpg

写真では、街灯の灯りが大きく映っていますが街灯の右側が月です。
雲のない空と満月の夜景は本当に綺麗でした。

IMG_0032.jpg


月と五重塔を見ながら道路沿いを歩きました。
東寺では日が沈むと毎日五重塔がライトアップされています。
五重塔のライトアップは2013年より照明が新調され、設置台数も以前の倍の42台となり、塔の木組みまではっきりと分かる鮮明なライトアップへとパワーアップしています。

IMG_0042.jpg


《東寺の歴史》

東寺は唯一残る平安京の遺構です。
創建からおよそ1200年。1994年に世界遺産として登録されました。
平安遷都とともに建立された東寺は官寺(かんじ)、つまり国立の寺院。
その寺院を桓武天皇のあとに即位した嵯峨天皇は、唐で新しい仏教、密教を学んで帰国した弘法大師「空海」に託しました。
ここに、日本ではじめての密教寺院が誕生しています。

《五重塔》

初代五重塔が完成したのは弘法大師没後約50年の元慶7年(883)頃。
その後、焼失を繰り返し、現在の五重塔は五代目、寛永21年(1644)徳川家光の再建によるものです。
高さは55m。

IMG_0039.jpg

東寺は自然も豊かで、広大な境内では四季毎の彩りが広がっています。
東寺といえば、まず紹介されるのが、長い歴史や空海さんが多くて、季節に咲く花や紅葉のことは後回しになって来たように思います。
春は梅に河津桜に不二桜。そしてソメイヨシノ。
夏は百日紅。 秋は紅葉や銀杏がとても美しいです。

《東寺》
◎アクセス JR「京都駅」八条口より徒歩約15分

IMG_0044.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 中秋の名月と「東寺・五重塔」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について