トップ > 日本 > 京都特派員 > 1万株の紫陽花景色「善峯寺」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

1万株の紫陽花景色「善峯寺」

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年6月16日

紫陽花を訪ねて善峯寺に行きました。
善峯寺は西国三十三ヶ所霊場の第20番札所として知られる寺院で、西山連峰の中腹(標高約300m)に位置しています。
善峯寺へのアクセスは、京都市内からもよくなく、山奥にあることも重なり、観光ツアーもなかなか入りにくいところでもあります。

IMG_4946.jpg


《善峯寺の歴史》

善峯寺の歴史は平安時代末期にまで遡ります。鎌倉時代にはすでに善峯寺と呼ばれ、応仁の乱で荒廃しましたが、江戸時代に5代将軍綱吉の母・桂昌院により再興されて今日にいたっています。
善峯寺といえば、国の天然記念物指定の「遊龍の松」が有名ですが春の桜そして晩秋の紅葉も見事です。
しかし、知られていないのが紫陽花の名所でもあります。

IMG_9270.jpg

《京都では最大規模の紫陽花の名所》

紫陽花の咲いているところは、境内南面に位置する「白山・桜あじさい苑」で、セイヨウアジサイやガクアジサイ、ヤマアジサイなどが一万株という規模で咲いています。

IMG_9228.jpg

あじさい苑の入口に祀られた「幸福地蔵」のお堂辺りは、特に眺望のすばらしい場所です。
眼下に広がる紫陽花景色は圧巻です。
白山あじさい苑の広さは、およそ3000坪。
遊歩道を歩きながら紫陽花巡りも最高です。
善峯寺の紫陽花の見頃は、例年6月中旬から下旬です。


IMG_9239.jpg

広く、高低差のある善峯寺。三万坪に高低差は約100mあります。
あじさい苑は、境内の中腹くらいに位置しています。

IMG_9233.jpg

あじさい苑からさらに山の上を目指して行くと、奥の院などもあります。
見どころの多い境内は、1周に約1時間ほどかけて巡る、回遊式庭園になっています。
西山の中腹に建つ善峯寺。
紫陽花の向こうに見える、京都の町が見えました。

IMG_9248.jpg


6月の今は、紫陽花と共にサツキも見頃を迎えています。


善峯寺 皐月.png


空を近くに感じる善峯寺。
青もみじもきれいです。

IMG_9245 (2).jpg

【善峰寺】  
・住所: 京都市西京区大原野小塩町
・アクセス: JR向日町駅下車 阪急バス66番、善峯寺行き/阪急京都線=東向日駅 下車(普通)、阪急バス66番、善峯寺行き
・拝観時間: 8:00~17:00  
・拝観料: 大人 500円
・駐車場: 500円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 1万株の紫陽花景色「善峯寺」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について