トップ > 日本 > 京都特派員 > ガラシャさんと千利休さんを思う「初春の高桐院」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

ガラシャさんと千利休さんを思う「初春の高桐院」

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2020年1月 3日

新春の高桐院へ行って来ました。
寄せて頂くのは久しぶりです。
高桐院は、本堂の屋根瓦の葺き替え工事などのため昨年11月まで拝観休止でした。
真っすぐに伸びる参道の竹の手摺も新調されています。

IMG_7061.jpg


大徳寺は臨済宗大徳寺派の大本山で、京都の五山のひとつ。


IMG_7064.jpg

大徳寺の広大な敷地内には20余りの塔頭があり、その中のひとつが高桐院。

IMG_7074 (2).jpg

高桐院は、戦国時代を生きた細川忠興と、その妻ガラシャが眠る細川家の菩提寺です。
細川ガラシャさんは、戦国史の中に、その名を残す数少ない女性の一人。
明智光秀の三女で、名は(たま)。
キリスト教に入信したのは1587年。
才にも文にも長けた、大変美しい女性だったそうです。
37歳での辞世の句。
「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」。
長い時を越えて伝わって来る句は深いです。

IMG_7103 (2).jpg

細川忠興は、茶人としても有名で、千利休の七哲のひとり(千利休の高弟7人を指す呼称)と言われています。
高桐院には千利休ゆかりの品も多く、書院は利休の邸宅を移築したものです。
千利休は(1522年~1591年)、織田信長と豊臣秀吉に仕えて信頼を得ますが、最後は秀吉の怒りに触れ切腹させられています。

《千利休御茶の心得》

こちらの間は、かつて聚楽第にあったという利休邸を移築した書院「意北軒」。
利休の切腹後に壊されようとしていたのを玉甫紹琮(ぎょくほじょうそう)が移築したそうです。

千利休が説いた御茶の心得は「一期一会」。

「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ない、たった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今、出来る最高のおもてなしをしましょう」


IMG_7119 (2).jpg

意北軒の襖絵は狩野安信が描いたとされる水墨画。

IMG_7120 (2).jpg

改めて思う・・・
戦国という時代。

ガラシャさんも千利休さんも大変な時代を過ごされたんですね。

IMG_7108.jpg

境内には忠興とガラシャの墓のほか、細川幽斎はじめ一族の墓もあります。
瓦には細川家の家紋「九曜紋」が入っています。

IMG_7093 (2).jpg


新春の高桐院。
凛と冷え込んだ大気の中、四百年の時を越えて届く景色が広がっています。


IMG_7096 (2).jpg

《高桐院》
◎ 所在地    京都市北区紫野大徳寺町73-1
◎ アクセス   地下鉄北大路駅2番出口→徒歩15分。
           市バス 1.205.206系統で5分、バス停、大徳寺前下車、徒歩5分。
◎拝観    9~16時 500円

IMG_7126 (2).jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > ガラシャさんと千利休さんを思う「初春の高桐院」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について