トップ > 日本 > 京都特派員 > 光の回廊「神戸ルミナリエ2019」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

光の回廊「神戸ルミナリエ2019」

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年12月15日

今年で25回目を迎える「神戸ルミナリエ 2019」に行って来ました。
京都から神戸までは、阪急電車で1時間10分。
神戸ルミナリエ 2019の開催期間は12月6日(金)から15日(日)。
この日が最終日でした。
19.00時頃に神戸三ノ宮に着いたのですが、最終日という事もあり、駅周辺はすごい人出となっていました。
誘導路を歩く事、約30分。
神戸ルミナリエの玄関口「フロントーネ」に着きました。
ここから約270mの光の回廊が始まります。

神戸 (2).jpg

「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂の祈りを込めると共に、都市の復興と再生への希望を託し、大震災の起こった平成7年の12月に初めて開催されています。
以来、阪神・淡路大震災の記憶を後世に語り継ぐと共に、神戸の希望を象徴する初冬の行事として定着しています。
昨年の来場者数は約343万人。
この夜もたくさんの方が光の回廊を歩いておられます。
「フロントーネ」を進むと「スパッリエリエーラ」。

b4^@  (2).jpg


震災から間もなく25年の節目を迎える神戸ルミナリエの今年の作品テーマは
「希望の光に導かれて、25年」です。
光り輝く電球の数は過去2番目に多い約50万個。
「スパッリエリエーラ」の次は「ガレリア」です。

神戸4 (2).jpg


光の回廊を抜けて東遊園地の「パルコ」に着きました。
パルコ中央では光の聖堂「カッサ・アルモニカ」に圧倒されました。
ルミナリエの光に神戸の町が浮かび上がっています。

あの日から、もうすぐ25年の節目を迎える神戸ルミナリエ最終日でした。

神戸5 (2).jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 光の回廊「神戸ルミナリエ2019」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について