トップ > 日本 > 京都特派員 > 五山の送り火「鳥居形」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

五山の送り火「鳥居形」

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年8月17日

P1520764.jpg

十六日の京都は、「五山の送り火」でした。 
この夜の京都は、いろんな所で送り火の行事が行われています。
送り火の行われる時間は、交通規制があるので、自転車で
嵯峨野・広沢池の灯籠流しと、近くの曼荼羅山に燃え上がる五山の送り火「鳥居形」を
見に行きました。

P1520738.jpg

≪広沢池灯籠流し≫

広沢池(ひろさわのいけ)は、右京区嵯峨広沢町にある周囲1.3kmほどの池です。
別名遍照寺池(へんしょうじのいけ)。
広沢池は、春には桜。秋には池の周りの山々の紅葉が見事です。
また時代劇全盛の頃、ロケ地としても多く登場していました。
広沢池灯籠流しでは、児神社(ちごじんじゃ)で塔婆施餓鬼供養・御詠歌奉納を行い、
その後、仏様の5つの智恵を表すと言われている5色の灯籠が広沢池に浮かびます。
緩やかな風で灯篭は東に流れていました。

P1520745.jpg

≪五山の送り火・鳥居形≫

広沢池から清滝道へと移動しました。
夜空には綺麗な月が浮かんでいます。


P1520753.jpg


時計を見ると、八時。五山の送り火の時間です。
五山の送り火は、約三十分の 炎の行事です。
八時には「右大文字」が点火され、八時十分に「妙」。八時十分に「法」。   
八時十五分に「船形」。八時十五分に「左大文字」。八時二十分に、嵯峨野・曼荼羅山。
八時二十分。鳥居形が燃え上がりました。


P1520761.jpg

五山の送り火の炎は、五ヶ所の炎を全てを見るのは 飛行機やヘリコプターなら可能ですが、地上からは建物もあり難しいです。
特に清滝道は、市内でも奥まった所にあり「鳥居形」は目の前に見られますが
他の左右の大文字や妙や法や船形の炎は見えません。曼荼羅山に燃え上がる「鳥居形」。
縦76m 横72mの大きな鳥居です。

P1520765.jpg

ぺージラストは、嵯峨野からの帰り道、
桂川から見る鳥居形。
8月16日。お盆に戻ってこられた精霊と、行く夏を見送った夜でした。
P1520772 (2).jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 五山の送り火「鳥居形」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について