トップ > 日本 > 京都特派員 > 令和元年・新緑の中を進む「葵祭」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

令和元年・新緑の中を進む「葵祭」

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年5月19日

《新緑の加茂街道で見る葵祭》
15日の京都は葵祭でした。午前10時半に京都御所を出発した行列
(総勢500名・馬36頭・牛4頭・牛車2基・輿1台・)は御所から下鴨神社を経て、上賀茂神社を目指します。
僕はこの日、葵祭を間近で見ようと、午後三時。鴨川沿いに走る加茂街道で行列を待ちました。
後方の山々には、右大文字の如意ヶ岳も見えます。
来ました。来ました。

IMG_4659.jpg

先頭の皇宮警察・騎馬隊が目の前を通ります。
馬脚のサポーターの色も京紫です。

IMG_4666.jpg

葵祭りは正式名を賀茂祭と言い、日本のお祭りの原点とも言われます。
葵祭は、祭りに参加する全ての人が葵桂(あおいかつら)の葉をつけます。
この葵桂(あおいかつら)ですが、葵と桂の葉を絡ませて作られています。

IMG_4679.jpg


葵桂は、当日の内裏宸殿の御簾をはじめ、御所車、勅使、供奉者の衣冠、
そして牛馬にいたるまで、 すべてに飾られます。
一回の葵祭りで使う葵の葉は、なんと10,000枚にもなるそうです。


IMG_4684 (2).jpg


御所車には藤の花が飾られ、
御所車が「ギシッ」と動くと藤の花も揺れます。


IMG_4687.jpg

《新緑の加茂街道を進む葵祭》

桜の季節の加茂街道は美しい桜のトンネルでしたが、
五月半ばの加茂街道は新緑の道が続いています。

IMG_4705.jpg

加茂街道は、賀茂川の西岸を走っていて上賀茂神社からも近く
賀茂川では、かなり上流になります。ここでは葵祭を、とても近くに見る事が出来ます。

「葵桂」の葉を付けた女官や武官が次々と進んできます。
行列の約五百名の人と共に、馬も牛も主人公です。

IMG_4696.jpg


《新緑に映える染と織》

緑の中に平安装束が映えています。
沿道から大きな拍手が起こりました。
お祭のヒロイン。斉王代です。

IMG_4715 (2).jpg


加茂街道から御園橋を渡った行列は、
午後四時前、無事に上賀茂神社に到着しました。
令和元年、新緑の中の葵祭でした。

葵祭.gif

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 令和元年・新緑の中を進む「葵祭」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について