トップ > 日本 > 京都特派員 > 百花の王・牡丹が見頃「乙訓寺」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

百花の王・牡丹が見頃「乙訓寺」

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年5月 4日

IMG_4299 (2).jpg

今、京都府長岡京市の乙訓寺では、牡丹が見頃を迎えています。
乙訓寺は、牡丹の寺としても有名な、大和長谷寺を本山とする真言宗のお寺。
空海とゆかりが深く、地元では「今里の弘法さん」と親しまれています。

《百花の王》
乙訓寺の牡丹の花は、1940年に長谷寺から牡丹の苗木が献木され、
その後、歴代住職の尽力よって現在約2000株の牡丹が境内を彩っています。

IMG_4262.jpg


ボタン(牡丹)は中国原産の樹木で、1〜2世紀には根皮が漢方薬として栽培が始まり、
その後、観賞用として多くの品種が生まれました。
中国では「百花の王」と例えられる位に愛さる牡丹の花。
日本に渡って来たのは、遣唐使や空海が持ち帰ったとも言われています。

IMG_4257.jpg

《牡丹の見頃は5月上旬》

見頃を迎えた乙訓寺の牡丹。
白・ピンク・紫・赤・・・・
どの花も美しく咲いています。

乙訓寺・牡丹.gif

《乙訓寺》

〇所       京都府長岡京市今里3-14-7
〇入山料     大人/500円。
〇アクセス    阪急長岡天神駅から阪急バスで10分
        薬師堂下車から徒歩で5分。
         JR長岡京駅から阪急バスで15分
         薬師堂下車から徒歩で5分。
〇時間      8:00~17:00

IMG_4286 (2).jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 百花の王・牡丹が見頃「乙訓寺」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について