トップ > 日本 > 京都特派員 > 桜咲くパワースポット「車折神社」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

桜咲くパワースポット「車折神社」

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年3月16日

IMG_3317.jpg

早咲き桜が咲く車折神社です。
車折??くるまおれ?
読み方は「くるまざき」と読みます。

IMG_3297 (5).jpg

《車折神社の歴史》


車折神社のご祭神は、平安時代末期の貴族であり、儒学者であった清原頼業(きよはらよりなり)。
当時の都を代表する一流の知識人でした。
その頼業公の菩提を弔うために建てられた廟(びょう)がこの神社の前身になります。
廟(びょう)には、頼業公が桜の木を愛でていたことから、沢山の桜の木が植えられました。
以来、春になると桜が咲き乱れることから「桜の宮」とも称されて来ました。

IMG_3311.jpg


《なぜ車折神社と呼ばれるようになったのでしょうか》

鎌倉時代に後嵯峨天皇が牛車で嵐山を訪れた時に、神社の前で牛車をひっぱる部分が折れてしまいます。
天皇はご祭神に気付かず前を通った非礼を詫び、「車折大明神」の号と正一位を贈られたことから
車折神社(くるまざきじんじゃ)と、呼ばれるようになったといわれています。

IMG_3301 (2).jpg

車折神社へのアクセスは、車では太秦から嵐山に向かう三条通りから
少し入った所にあります。
電車では、京福電鉄嵐山線「車折神社駅」が神社に横付けですから、電車も便利です。

IMG_3351.jpg

3月半ばの今、境内では早咲き桜が咲き、華やかな世界が広がっています。

咲いているのは、河津桜やカンヒザクラに加え、
京都では車折神社でしか目にしたことがない、早咲きの八重桜など、多彩な種類の桜です。

《芸事・学業・金運・良縁など、ご利益のあるパワースポット》

また、車折神社は、芸事・学業・金運・良縁等にご利益のあるパワースポットとしても有名で、
境内にある芸能神社には、多くの芸能人の方から玉垣が奉納されています。

IMG_3334 (2).jpg

《車折神社》


〇所 京都市右京区嵯峨朝日町23
〇拝観時間  境内自由 (社務所受付9:00〜17:00)
〇拝観料   境内無料
〇アクセス 
       電車   京福電車嵐山線「車折神社」駅下車 徒歩すぐ
       バス   京都駅から→京都バス 71・73・74系統「車折神社前」下車 徒歩すぐ
       車    数台駐車場有

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 桜咲くパワースポット「車折神社」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について