トップ > 日本 > 京都特派員 > フォトジェニックな「雪の東山」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

フォトジェニックな「雪の東山」

カテゴリー:お題 / 自然・風景 投稿日:2019年1月28日

1月26日から27日にかけての寒波で京都も雪の朝でした。
早朝の東山を歩いて来ました。
阪急・四条河原町駅から四条大橋を渡ります。
写真右手の建物は昨年11月にリニューアルオープンした南座です。

IMG_2691.jpg

《祇園町へ》

南座を過ぎ、花見小路から祇園町へと入りました。
この辺りは祇園甲部(ぎおんこうぶ)。
京都には五つの花街がありますが、甲部は一番大きな花街です。

祇園甲部の始まりは、寛永年間(1624年 - 1645年)に祇園社(現在の八坂神社)の門前で
始まった水茶屋が始まりとされています。

IMG_2695.jpg

祇園の歴史をたどると、数多くの人物で彩られています。
江戸初期には、大石内蔵助が一力亭で遊んでいた話は歌舞伎などでも知られ、
江戸末期には、後の新政府を樹立する志士達も通っていたそうです。
祇園甲部の提灯模様は、「つなぎ八つ団子」。

IMG_2696.jpg

《八坂の塔》

祇園町を抜けて、東山通りを渡り八坂通りに入りました。
八坂通りは細い道です。
その細い道の奥に、凛と立つのが八坂の塔。寺の正式名は「法観寺」。
塔の高さは46メートルですが、坂の上に建つ姿は、とても高く見えます。
八坂の塔の建つ、八坂通りと言えば「くくり猿」ですね。
通りの左右の軒先に、赤いくくり猿が吊るされています。
五つの猿で、五縁。「良い御縁」があります様にとの願いが込められているそうです。

IMG_2698.jpg

《インスタグラムでも人気の庚申さん》

八坂通りを進んでいくと、八坂の塔のすぐ手前に、カラフルな形のお守りが、
沢山奉納されているお寺があります。
八坂庚申堂(やさかこうしんどう)(正式名称「大黒山延命院金剛寺」)です。

IMG_2701.jpg

地元の方からは「八坂の庚申さん」の愛称で親しまれています。
八坂庚申堂は、インスタ映えする寺院としても
人気のあるお寺で、連日沢山の人で賑わっています。

IMG_2702.jpg

雪化粧した東山界隈。
この後、清水寺へと向かいました。


IMG_2707.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > フォトジェニックな「雪の東山」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について