トップ > 日本 > 京都特派員 > イノシシがいっぱい「禅居庵」

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

イノシシがいっぱい「禅居庵」

カテゴリー:お題 投稿日:2019年1月17日

IMG_2662.jpg

《禅居庵の歴史》
祗園の京都ゑびす神社の東側にある、建仁寺の塔頭寺院「禅居庵」です。
摩利支天(まりしてん)さん」とも呼ばれています。
摩利支天とは古代インドの開運と勝利の女神で、金沢の宝泉寺、東京の徳大寺と並んで、
「日本三大摩利支天」の一つに数えられています。

IMG_2652.jpg

摩利支尊天堂の建物は、戦国時代の戦火で焼失しましたが、天文16年(1547年)に織田信長の父・信秀によって再建されたと伝えられています。
建物は、中世様式の遺構を残す貴重な建造物ということで、
京都府の文化財に指定されています。

IMG_2653.jpg

《摩利支天と猪》
境内に入ると沢山のイノシシに出あいます。
狛猪から絵馬、欄間の彫刻、手水鉢や、お守りやおみくじまで、全て猪づくしです。
摩利支天は猪を眷族(けんぞく)(神の使い)として従えている事から
亥年生まれの守護神としても知られています。
農作物を荒らす猪も、古代インドでは、その迅速は勇敢さと知恵を表すものとして
結びついていたのかも知れません。

IMG_2657.jpg

猪づくしの禅居庵ですが、一番のインスタ映えスポットは、
猪の像が置かれたお堂です。
ここには猪像の周りに沢山のミニ猪が並んでいます。
インスタ風には、こんな感じでしょうか。(^。^)

無題いのしし.jpg

禅居庵には、開運祈願に多くの方々と共に、祇園や宮川町の芸舞妓さんや、
南座に出演する役者さんもお参りに来られる事もあるそうです。

《禅居庵》
〇所 京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町146
〇拝観料  境内無料
〇参拝時間 9:00~17:00
〇アクセス 京阪電鉄「祇園四条」下車徒歩約10分
      市バス「東山安井」下車徒歩約10分

IMG_2667.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > イノシシがいっぱい「禅居庵」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について