トップ > 日本 > 京都特派員 > 京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。

カテゴリー:天気・気候・気温 投稿日:2017年10月15日

秋は秋晴れの日が良いのですが、秋の長雨と言われる様に雨の日も多いです。
京都に来たものの、紅葉にはまだ少し早く、天気は雨。
そんな、雨の日の京都観光で、お勧めの寺院と言いますと智積院(ちしゃくいん)。
場所は京都駅から近くの東山七条です。

IMG_5215.jpg

智積院は大きな寺院で、多くの僧侶(学侶)の方達が修行に集まる学問寺でもあります。
書院のある名勝庭園へと入って行きました。

IMG_5241.jpg

書院に入ると目の前には「利休好みの庭」と言われる庭園が広がります。
庭園は築山と池。そして山の中腹と山裾には、石組みが配置されている見事な庭園です。

IMG_5244.jpg


書院の間に座り、シトシトと降りしきる雨を
眺めるのも風情があります。

IMG_5216.jpg


書院の間には、長谷川等伯一門による
屏風絵が見られます。


IMG_5223.jpg


長谷川等伯は豊臣秀吉、千利休らに重用され、
当時、画壇のトップ絵師集団・狩野派に、たった一代で肩を並べた絵師。
その才能は、どんな画題も自在に描き、まさしく天才と言われたそうです。
長谷川等伯の名を広めたのは、豊臣秀吉が息子の弔いの為、
京都に菩提寺・祥雲寺(現・智積院)の建立を命じた時、障壁画を等伯に任せました。
幼い子を失った秀吉の悲しみを癒す素晴らしい絵を描かねば・・・との思いから生まれたのが
『楓図』(国宝)でした。長谷川等伯54才の時の作品。
絵は、秀吉好みの金箔を贅沢に使った、賢覧豪華にして繊細な画風です。
太い幹からは、緑や赤の楓が左右に流れ、伸びのある萩の躍動感も素晴らしいです。


IMG_5219.jpg

こちらは等伯の息子・久蔵による『桜図』。
見事な枝振りの八重桜が見頃を迎えています。
秀吉は、等伯一門による屏風絵を見て、大いに満足したそうです。

IMG_5213.jpg


雨の日の、智積院。
利休好みの庭園と長谷川等伯の名画の世界が広がっています。

《智積院》
○  境内散策 無料
○  京都市東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地
○   JR京都駅よりバス10分、東山七条下車
   京阪七条駅より徒歩約10分

□  名勝庭園 拝観時間 (午前9時から午後4時)
   一般 500円

IMG_5240.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について