× 閉じる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 夏・深緑の「祇王寺」。

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

夏・深緑の「祇王寺」。

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2017年8月11日

8月の京都は、連日体温並みの気温が続いていますが・・
ここ祇王寺は、深い緑に包まれて涼しい気温です。

IMG_4460.jpg


祇王寺は竹林と楓に囲まれた、つつましやかな草庵で、『平家物語』にも登場し、
平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより
都を追われるように去り、母と妹、そして仏御前とともに出家、
入寺した「悲恋の尼寺」として知られています。

IMG_4466.jpg


見上げると、空を覆うように
広がる青もみじ。

IMG_4459.jpg

そして、竹林。

IMG_4486.jpg


境内は苔と深い緑の世界。

IMG_4474.jpg


「JR東海そうだ京都行こう」では、2010年の初夏、祇王寺が紹介されていました。

ポスターの言葉は、

「新緑を求めて辿り着いた嵯峨野の奥。
敷地には茅葺の庵に楓の木立、苔、小川があるだけの小さな境内でした。
ここが、平清盛の寵愛を失った白拍子祇王と妹とその母と
仏御前が余生を送ったところ。
 
青紅葉と初夏の光を吸ってビロードの様に輝く苔の瑞々しさに触れると
「平家物語」と言う、いにしえの舞台でありながらも
 新しい時間が流れているのを感じます。
 
 JR京都駅からJR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅下車」徒歩約20分。
 祇王の章は「平家物語」第一巻です。」
    
                 ・・・・と綴られていました。

IMG_4473.jpg


深い緑の中、遠い歴史を思う夏の祇王寺。
祇王が、母と妹と仏御前で入寺した時の年齢は、
祇王21歳・妹の祇女19歳・母45歳・仏御前は17歳だったそうです。
約820年前の夏・・・ここにはどんな時間が流れていたのでしょうか。

IMG_4469.jpg


《祇王寺》
◎  JR嵯峨嵐山駅から徒歩約25分。 京福電鉄嵐山駅から徒歩約25分。
   阪急電鉄嵐山駅から祇王寺へは徒歩約35分。
◎  拝観時間 AM9時-PM5時 ◎ 拝観料 三百円

                         ※そうだ 京都行こうの言葉、お借りしています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 夏・深緑の「祇王寺」。