× 閉じる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 2017夏・都大路を行く山鉾巡行。

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

2017夏・都大路を行く山鉾巡行。

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2017年7月17日

17日は、祇園祭・前祭りの山鉾巡行でした。
祝日の巡行となり、沿道には22万人の人出。
(午前10時現在、京都府警調べ)。

IMG_4156.jpg


午前9時、先祭りの先頭を行く長刀鉾に、お稚児さんが鉾に乗込み
山鉾巡行は始まりました。


IMG_4042.jpg

音頭取りの「エンヤラヤー」 「ソーレ」の
掛け声とともに、動き出す鉾。

IMG_4053.jpg


四条通りを勇壮に進む23基の山と鉾。
四条通りは、京都の真ん中を走る東西の通り。
かつての平安京の四条大路にあたり
東は祇園の八坂神社の石段下から、西は松尾大社まで続いています。


IMG_4068.jpg


長い歴史の祇園祭。祭りの始まりは、平安時代の前期・869年。
各地で疫病が流行していた時、神に疫病を鎮めてもらう
願いを込めて始まったと伝わっています。
四条通りから河原町通りに入り、御池通りへと進む函谷鉾。

IMG_4135.jpg


山鉾の屋根の上に建つ「鉾に立つ槍」「山に立つ松」には、
疫病神が吸い込まれると言われています。
祇園祭は、七月の水害や災害・・そして疫病が発生した、この時期に合わせて行われています。
途中、応仁の乱や本能寺の変では順延。そして第二次大戦などで中断もありましたが、
その度に町衆の力で復興し、現在まで千年以上続くお祭りとなっています。

IMG_4139.jpg

河原町三条では舞妓さんのご挨拶。
だらりの帯柄は、長刀鉾と船鉾に松。


IMG_4120.jpg

動く美術館と言われる祇園祭り。
孟宗山の左胴懸は平山郁夫画伯「砂漠らくだ行・日」


IMG_4129.jpg


コンコンチキチン コンチキチン

祇園囃子がビルの街に響きます。
河原町御池を行く月鉾。

IMG_4163.jpg

道幅が広い御池通りから、道幅のとても狭い新町通りに
巡行の先頭の長刀鉾が帰って来ました。


IMG_4175.jpg


コンコンチキチン コンチキチン。
目の前を鉾が通って行きます。


IMG_4177.jpg


以上、17日の前祭り山鉾巡行でした。
この後、祇園祭は十八日からは、後祭りの山鉾建てが始まります。
山鉾曳き初めは二十日から二十一日。後祭り宵山は二十三日。
二十四日は、後祭り山鉾巡行と花傘巡行と還幸祭。
コンチキチンの音が京の町に響きます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 2017夏・都大路を行く山鉾巡行。