トップ > 日本 > 京都特派員 > 御室 『春の義理』

日本国内日本国内/京都特派員ブログ

御室 『春の義理』

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2011年4月24日

s-P1250802.jpg


この春 京都に咲いた 桜のラストは 仁和寺に咲く御室桜です。

京福電鉄・御室駅から正面に 仁和寺の 仁王門が見えます。

 

s-P1250647.jpg


仁王門を通って境内に入りました。


s-P1250652.jpg

参道には  珍しい緑の桜も 咲いていました。

s-P1250674.jpg

境内を 進んで行くと 『おむろ桜 落下さかん』との 立て看板が目に入りました。
落下さかん・・・・とは そんなに 散っているのかと 思いつつ 御室桜の
咲く所に入りました。


s-P1250658.jpg

おおっ 素晴らしいです。満開から やや散り初めと言う感じでしたが
二百本の御室桜は 鮮やかに 咲いていました。

s-P1250709.jpg


御室桜の特徴は 木の高さが 3メートル前後と低い事です。
花弁は大ぶりで厚く、通称、お多福桜と呼ばれて 来ました。

s-P1250681.jpg


 どの桜も 高さ3メートル前後にしか 成長せず、低い位置で花を咲かせます。

 JR東海の『そうだ・・』仁和寺・春編では・・・・・・・・

『遅咲きのサクラです。見なければ「春の義理」が果たせない、と 
 京都の人は言うのです。』と 綴られています。 

 
川端康成は 小説「古都」の中で 御室桜の事を「春の義理」と表現されていて

「ひと目見たら、春 への義理は済む」と 書かれてました。
 味わいのある言葉ですね。
 青空の下、桜の中に五重塔が見える風景は綺麗でした。


今 仁和寺には御室桜と共に 薄紫の『三つ葉つつじ』が 咲いています。
 

s-P1250755.jpg


 
s-P1250733.jpg


三つ葉ツツジは、鮮やかな色合いです。


s-P1250750.jpg

 桜の木の下には 無数の花びらが 雪の様に 見えました。

『落下さかん』。
美しい 散り桜の世界でした。

s-P1250724.jpg

春の義理と言われた『御室桜』と 三つ葉つつじの 咲く 四月末、
日曜の仁和寺でした。


s-P1250698.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akio

日本国内・京都特派員のAkioが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/京都特派員
名前:Akio

Akio

仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

京都特派員トップにもどる

京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

京都特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 京都特派員 > 御室 『春の義理』

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について