トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール2特派員 > 写真映えスポットSaloma Link Bridge (Pintasan Saloma)

マレーシアマレーシア/クアラルンプール2特派員ブログ

写真映えスポットSaloma Link Bridge (Pintasan Saloma)

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年7月23日

こんにちは! クアラルンプール在住Nukaです!
今回は前回紹介したKampung Baru地区とKLCCを結ぶ橋「Saloma Link Bridge (Pintasan Saloma)」を紹介します。それでは、いってみましょう!
IMG_44-1.JPG

■Kampung Baru
前回紹介したRoti Johnのお店「Breader B Baby John」のお店があるKampung Baruは、KLCCの隣駅です。駅を降りると出店でトウモロコシやフルーツを売ってます。また、ビリヤニやナシレマなどさまざまな料理のお店が軒を連ねています。
IMG_44-4.JPG


■Saloma Link Bridge(Pintasan Saloma)
Saloma Link Bridge(Pintasan Saloma)はKLCCとKampung Baruの間を流れるクラン川と道路に掛かる歩道橋です。グーグル翻訳では、Pintasan はマレー語でショートカット(近道)という意味でした。Kampung Baruでご飯を食べて、ゆっくり向かってください。ライトアップされるので、ぜひ暗くなってから行ってみてください。(筆者は20時過ぎに行きました。)
IMG-44-5_.JPG

橋の内側です。アーチ状になっていて、高さがあります。無料で楽しめる話題の写真映えスポットなので、たくさんの人が写真を撮っています。自分と風景だけで撮るのは至難の業です(笑)
IMG_44-6.JPG

定期的にミストが出ていて、とても幻想的でした。ここでも写真を撮る人でごった返しています。
IMG_44-8.JPG

■KLCC側
橋を渡り切ってKLCC側からの景色です。ライトアップは赤、黄色、青とさまざまな色に変化します。
何より素敵なのが、マレーシア国旗をライトアップで表現しているところです。何枚撮っても撮り足りないぐらい楽しい写真撮影ができます。
IMG_44-9.JPG

■KLCCへ
橋を渡ってそのまままっすぐ進めば5分程でKLCCエリアに着きます。ツインタワーはどこから見ても大きくて、輝かしくて大好きです。
IMG_44-10.JPG

以上、ディープな町Kampung BaruエリアとKLCCを結ぶ映えスポットSaloma Bridgeの紹介でした。KLCCにツインタワーを見に来た際は、ぜひ一緒にこの橋を見て行ってください!
それでは、次回の記事もお楽しみに。よろしくお願いします。

■Saloma Link Bridge(Pintasan Saloma)
住所: Saloma, Between and Lorong, Lorong Raja Muda Musa 3, Kampung Baru, 50300
営業時間: 月~土5:00~翌1:00月
      日曜・祝日5:00~12:00
※ライトアップ開始時刻不明 無料

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Nuka さん

マレーシア・クアラルンプール2特派員のNuka さんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール2特派員
名前:Nuka さん

Nuka さん

2020年12月に夫婦でマレーシアクアラルンプールに移住。主人の仕事の関係で訪れたマレーシアに一度で虜になり、結婚式もクアラルンプールで挙げました。コロナ禍の移住でまだまだ手探りで生活しています。旅行時にはわからなかったさらなる魅力をこれから発信していけたらなと思います! DISQUS ID @disqus_tuGO0IEJrz

クアラルンプール2特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール2特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール2特派員 > 写真映えスポットSaloma Link Bridge (Pintasan Saloma)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について