トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール2特派員 > おいしいもの大国マレーシア~その 2「スチーム・ボート」

マレーシアマレーシア/クアラルンプール2特派員ブログ

おいしいもの大国マレーシア~その 2「スチーム・ボート」

カテゴリー: 投稿日:2019年8月20日

1.jpg

 

クアラルンプール 2特派員かりわめぐみです。マレーシアの魅力は豊富な食文化です    マレーシアの「スチーム・ボート」のご紹介をします。

 

スチーム・ボートとは

 

2.jpg

 

平たく言えば、中華風の鍋です。沸騰したスープで肉、魚、野菜をボイルして食べます。一般的には「ホット・ポット(火鍋)」として知られていますが、マレーシアとシンガポールでは「スチームボート(Steamboat)」と呼ばれています。南国で食べる鍋。なんとも不思議ですよね。

 

マレーシアの辞典によると、スチーム・ボートの起源はモンゴルの羊肉料理といわれています。現在では、東アジア全域でさまざまな形で食べられています。是非マレーシアのスチームボートでは「羊肉」を食べてみてくださいね。

 

食べ方

 

3.jpg

 

店によってバリエーションが変わります。主な食材は、肉、魚、野菜、麺、卵、きのこ、豆腐です。各テーブルにコンロがあり、自ら食材を調理します。小さな器に鍋のスープを移して好きな調味料で食べます。

 

豆知識

 

4.jpg

 

・肉が薄くスライスされているのは、調理時間を短くするため。貴重な燃料の節約する智恵です。 ・ポットの丸い形は家族の団結を象徴しています。 ・中央を太極の「陰陽」に見立てて仕切った鴛鴦火鍋(ユアンヤンフオグオ)。「鴛鴦」とはオシドリのことで、鍋を2つに仕切り仲睦まじい様を表します。スープの素はそれぞれ選ぶことができます。 ・「重慶火鍋」「四川火鍋」など、土地で発祥が明記されるものもあります。

 

マレーシアの観光サイト「マレーシアマガジン」かりわめぐみ新着記事インスタグラムyoutube

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

かりわめぐみ

マレーシア・クアラルンプール2特派員のかりわめぐみが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール2特派員
名前:かりわめぐみ

かりわめぐみ

マレーシアの観光サイト「マレーシアマガジン」の特派員兼カメラマン。神戸新聞のコラム「理科の散歩道」でイラストを描いています。抜群の情報収集力で、地元に密着したイベント情報や、新規開店のお店を取材します。日本人目線に限らず、世界から注目されるマレーシアの魅力をご紹介します。笑顔の集まる場所が好き。 DISQUS ID @disqus_fnKYWP7FIW

クアラルンプール2特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール2特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール2特派員 > おいしいもの大国マレーシア~その 2「スチーム・ボート」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について