トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール2特派員 > ラマダンバザール初体験!~食事編

マレーシアマレーシア/クアラルンプール2特派員ブログ

ラマダンバザール初体験!~食事編

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年6月 4日

こんにちは、クアラルンプール2特派員のかりわめぐみです。マレーシアは「ラマダン」そしてラマダン明けのお祝い「ハリラヤ」の期間中です。

 

イスラム教徒はラマダンの期間中、午前5:30から19:20までの間断食をします。この時期、人々は親戚で集まり、陽が落ちるとお祝いの食事をし、新しい衣装を着て過ごします。ラマダンは約一か月間続きますが、その間「ラマダンバザール」という巨大な集合商店が出現します。日中断食した人々は、ラマダンバザールで食事を購入し、19:20を過ぎると一斉に食事を始めます。

 

人生で初めての「ラマダンバザール」

 

DSCF3157.jpg

 

友人のアーリーにバザールを案内してもらいました。衣料テントを見た後は飲食エリアへ移動します。午後6時過ぎ。まだまだ暑い屋外を歩き続けている私に水を買ってくれるアーリー。2本のペットボトルを購入して、自分の水はリュックの中へ。自分がまだ水を飲めない時間なのに「暑いから水を飲んで」と勧める気遣いに感動しました。

 

食事の時間はまだですが、先に席を確保するためにレストランへ向かいます。みんなが一斉に食事をするため、直前になると座る場所がなくなるのだとか。屋台で「ナシ・アヤム」を二つ購入。

 

DSCF3173.jpg

 

屋台で買ったご飯を持ち込んで、レストランの席を確保しました。テ・タレ2つと、さらに料理を注文。2食分を一気に食べるつもりです。そして、注文したご飯を"おあずけ"状態で眺めながら時を待ちます。その間、無言でスマホを見つめる人々。

 

邪推ですが、朝早く目覚めてお祈りと食事をして、普段通り仕事をこなして、仕事終わりに蒸し暑い中を歩き回り、バザールの説明をして。本当は喉がカラカラで、喋るのもしんどいんじゃないかと考えてしまいます。

 

みんなで一斉に食事開始

DSCF3176.jpg

 

無言でスマホを眺めていた人々が、一斉に食事をします。私たちも周りに合わせて食事を開始。わいわい楽しそうに食事をする光景こそがマレーシアの日常です。断食があるからこそ、誰かと食事ができる大切さに気づかされます。

 

お腹が空くとイライラしやすくなり、しゃべると喉も乾く。私にはとても耐えられないけれど、マレーシア人たちの中で、慣習を少しでも肌で感じることのできた貴重な時間でした。

 

DSCF3164.jpg

 

食事を終えて、マスジドジャメ駅への帰り道。衣料品の店舗が連なるバザールを通りました。このバザール私たちが訪れた翌日、店舗30件を巻き込む火災に見舞われました。今年移転したばかりのバザールでとても残念でした。

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

かりわめぐみ

マレーシア・旧クアラルンプール2特派員のかりわめぐみが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/旧クアラルンプール2特派員
名前:かりわめぐみ

かりわめぐみ

マレーシアの観光サイト「マレーシアマガジン」の特派員兼カメラマン。神戸新聞のコラム「理科の散歩道」でイラストを描いています。抜群の情報収集力で、地元に密着したイベント情報や、新規開店のお店を取材します。日本人目線に限らず、世界から注目されるマレーシアの魅力をご紹介します。笑顔の集まる場所が好き。 DISQUS ID @disqus_fnKYWP7FIW

クアラルンプール2特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール2特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール2特派員 > ラマダンバザール初体験!~食事編

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について