トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール2特派員 > クアラルンプールはラテ・アートの激戦区

マレーシアマレーシア/クアラルンプール2特派員ブログ

クアラルンプールはラテ・アートの激戦区

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年5月31日

こんにちは。クアラルンプール2特派員のかりわめぐみです。今回は、クアラルンプールのコーヒー事情についてお話しします。

 

1.jpg

 

クアラルンプールにはたくさんのカフェがあります。観光地には、歴史的な建築のオシャレなカフェや、地元に密着したローカルなカフェなどがあります。古き良き雰囲気の中で飲む珈琲は、日本で飲む珈琲とは一味違いますね。しかし、ここクアラルンプールのコーヒーは歴史深いだけではありません。実は、最新ラテ・アートの激戦区でもあるんです。

 

クアラルンプールでは、珈琲アカデミー主催の国内大会や、コーヒー協会主催のKL最大規模の大会など、大小さまざまなラテ・アートコンテストが開催されています。 大会では、自己PR、機材の使い方や、珈琲の淹れ方、見本に忠実なアートが描かれているがが審査対象となります。

 

DSCF7117.jpg

 

スクールに通っているバリスタも居れば、バリスタの働いている店が全面的にコンテストへ向けてのバックアップしていることもあります。

 

トップバリスタのいるカフェ

 

スリペタリン「103 Coffee Workshop」
2018年にブラジルで開催された世界ラテアート選手権でチャンピオンを獲得したIrvine Quek SL 氏の所属するカフェ。他にも数名の実績あるバリスタが所属しています。

 

バンサー・ショッピング・センター「Page 2 Cafe」
こちらはラテアートではないですが、2018年にスイスで開催されたワールド・ブリュワーズ・カップで1位に入賞したRegine Wai氏のカフェです。国内外で数々の実績を残しています。
他にも、スリダマンサラ「Beam Specialty」カフェ、スバンジャヤ「Oh Scooter Cafe」には国内コンテストのトップ3バリスタが所属。アップタウン「 One Half Coffee」のオーナー Koay Zi Zheng 氏は国際大会の実績を持ちます。

 

4.jpg

 

バリスタには得意なジャンルが存在するので、カウンターでドリンクを注文する際に味の好みを細かく聞かれることがあります。自分の趣味に合う一杯を提供してくれるのも醍醐味です。 淹れ方も、シンプルな「ハンドドリップ」から、美しい「ラテ・アート」、珈琲のカクテル「シグネイチャーコーヒー」、ドラフトビールのような泡立ちの「ナイトロ・コールド・ブリュー・コーヒー」など、マレーシアでは日本顔負けの最新珈琲文化があります。

 

DSCF3309.jpg クランバレー周辺の実績のあるバリスタたちが所属する珈琲店で、プロの味を気軽に楽しんでみてはいかがでしょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

かりわめぐみ

マレーシア・クアラルンプール2特派員のかりわめぐみが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール2特派員
名前:かりわめぐみ

かりわめぐみ

マレーシアの観光サイト「マレーシアマガジン」の特派員兼カメラマン。神戸新聞のコラム「理科の散歩道」でイラストを描いています。抜群の情報収集力で、地元に密着したイベント情報や、新規開店のお店を取材します。日本人目線に限らず、世界から注目されるマレーシアの魅力をご紹介します。笑顔の集まる場所が好き。 DISQUS ID @disqus_fnKYWP7FIW

クアラルンプール2特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール2特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール2特派員 > クアラルンプールはラテ・アートの激戦区

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について