トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 路地裏にカフェや映えスポット!クワイチャイホン

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

路地裏にカフェや映えスポット!クワイチャイホン

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年7月20日

通称ペタリン・ストリート(Petaling Street)と呼ばれるクアラルンプールのチャイナタウン(中華街)
クアラルンプール最古の街の一つとして知られ、一説によると1850年代(※)よりその歴史が始まったとも言われています。
周辺は古い街並みだけあり、現在も狭い路地やショップハウスが立ち並んでいます。
※諸説あります。

DSC_3518.JPG

クワイ・チャイ・ホン(Kwai Chai Hong/鬼仔巷)は、2019年に登場した新しい観光スポット。
広東語で「ゴーストの路地」という意味なのだそうです。
新しいとはいっても周辺は当時の面影がそのまま残り、周囲に溶け込むようにカフェなどがあります。

DSC_3527.JPG

ウォールアートといえば、ペナン、マラッカ、イポーなどがよく知られていますが、クアラルンプール市内にもチャイナタウン(中華街)や、ブキッビンタン(Bukit Bintang)などさまざまなところのあり、観光の目玉となっています。

DSC_3529-2.jpg

つくり込んだ街並みではなく、表通りからさらに入った小道の奥の路地にあるクワイ・チャイ・ホン(Kwai Chai Hong/鬼仔巷)。

DSC_3531.JPG

空を見ると周囲を囲むように建っているビルや、完成すると世界で2番目に高さとなるムルデカ118(Merdeka118)などが目に入り、いつものクアラルンプールの光景がそこに。

行き止まりの路地は夕方ともなると何やら怪しげな雰囲気が感じられます。
もちろん、夜ではなくても1960年代のマレーシアの不思議な雰囲気は日本の昭和の原風景とどこか似ていてなつかしい気持ちとなります。

IMG_4314.jpg

このクワイ・チャイ・ホン(Kwai Chai Hong/鬼仔巷)から直接店内に入れるバーやカフェは実はペタリン・ストリート(Petaling Street)側の入り口とつながっています。
違う謎めいた雰囲気の漂う路地からカフェやバーに足を踏み入れてみると、タイムスリップしたような感覚になれるかもしれません。

【データ】
クワイ・チャイ・ホン(Kwai Chai Hong/鬼仔巷)
住所:Lorong Panggung, City Centre, 50000 Kuala Lumpur
URL:https://www.kwaichaihong.com/
営業時間:9:00〜0:00

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 路地裏にカフェや映えスポット!クワイチャイホン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について