トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > ③米だけじゃない!マンゴーの産地セキンチャン

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

③米だけじゃない!マンゴーの産地セキンチャン

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2022年7月13日

2018年にセキンチャンのマンゴーシェイクについてお伝えしました。

マンゴーの産地セキンチャンで味わう濃厚マンゴーシェイク
https://tokuhain.arukikata.co.jp/kuala_lumpur/2018/05/100.html

DSC_3427.JPG

IMG_4081-2.jpg

あれから4年ほど経ちますが、マンゴーのシーズンを迎え賑わっているマンゴー・キング(Wan Chai Mango King Sekinchan /华仔芒果园)に立ち寄ってみました。
平日だったのですが、多くの人が訪れ賑わっていました。

IMG_4080.jpg

以前はマンゴーシェイクと量り売りのマンゴーがメインだったのですが、マンゴーライスやローカルフードの屋台もありました。

IMG_4077.jpg

マンゴーシェイクは2018年にRM5(約150円)だったのですが、値上がりをしていてRM7(約210円)に。
このトッピングの梅粉が甘さをさらにアップさせます。

IMG_4076.jpg

通年で食べられますがシーズンは6〜8月と言われるマンゴーも買いました。
3個で2kgほど、価格はRM20(約600円)。

買うときに「いつ食べるのか?」とお店の人に聞かれます。
明日、3日後などと伝えると、ちょうどそのときに食べ頃となるマンゴーを選んでくれます。
金煌芒果(キンゴーマンゴー)といって黄色のマンゴーです。
繊維質が少なく大きくて食べやすいのが特徴。
※3日後に食べると伝えて買ったものは、本当に食べ頃になっていました!

四季のない常夏のマレーシアですが、このような形で日々の移り変わりが感じられます。

IMG_4096.jpg

買ったマンゴーはとても大きくて甘く、食べきれないほどでした。
余ったマンゴーは凍らせて、ジューサーやフードプロセッサーなどで牛乳やバニラアイスと混ぜると、美味しいシェイクができます。
この時期にマレーシアへ来る機会がありましたら、マンゴーもぜひ味わってみてください。

【データ】
マンゴー・キング(Wan Chai Mango King Sekinchan /华仔芒果园)
住所:248, Lorong Empat, 45400 Sekinchan, Selangor
Tel:019-303 9406
Facebook:https://visit-sekinchan.com/shops-in-sekinchan/mango-king.html
営業時間:9:00〜18:00

(撮影by逗子マリナ)
※撮影許可をいただいて撮影しています
※写真の無断転載禁止

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > ③米だけじゃない!マンゴーの産地セキンチャン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について