トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 映えスポットも!KL郊外の広大な敷地に建つ巨大な中華禅寺

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

映えスポットも!KL郊外の広大な敷地に建つ巨大な中華禅寺

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年5月18日

前回お伝えしたクアラルンプール郊外の町ジェンジャロム(Jenjarom)のカフェから車で7分。
町の中心部にあるのが佛光山東禅寺(Fo Guang Shan Malaysia Dong Zen Temple)です。

DSC_3274.JPG

元々は裕福な中華系の女性が寺を建立するために自身の持つ土地を寄贈したことから始まりました。その後敷地は拡張され、1995年に開山。現在は約10.5ヘクタール(表記は26エーカー。ちなみに東京ドーム2.26個分なのだそうです)の広さを誇ります。

ところで驚いたのが拝観前の厳格なコロナ対策です。
というのも、拝観の前に簡易検査キットを渡されて、その場で陰性を証明。その画像をスマホで撮影して保存します。
その後、メインゲート前で全身を消毒液のミストで洗浄するブースに入ってからとなります。
さらにサニタイザースプレーやフェイスシールドを無料配布していました。

コロナ前は年間20万人ほど来訪者があったそうですが、マレーシアの国境も再開したばかりでまだ海外からの旅行者はほとんどないそうです。

DSC_3286.JPG

まずはルンビニ・ガーデン(Lumbini Garden)へ。
釈迦の生誕地とされるネパールのルンビニ村をイメージしているのだそうです。
緑あふれ、季節の花が植栽され、園内にしつらえた岩山からは滝が流れ、桃源郷のようなイメージの庭となっています。

DSC_3293.JPG

こちらはランタン広場(Main Theme Lantern Plaza)。チャイニーズニューイヤーには光のディスプレイのメイン会場となり、夜にライトアップされると幻想的な空間になります。
今年の干支でメインのオブジェである寅が残されていました。


DSC_001.JPG

その前には33体の観音像が並ぶ通り(33 Avalokitesvara Bodhissattva Street)。こちらも同じくチャイニーズニューイヤー には鳥居にさまざまなデコレーションが飾られます。

その奥にはナーサリー(育苗園)が。実際に幼児向けスクールのナーサリー(保育所)もありました。
花だけではなく果物や野菜なども栽培されていて、精進料理として寺院内で消費されています。

参拝客は少ないと思っていたのですが、メイン大仏殿には人が多く、お線香をお供えしたり禅僧の方と話している訪問者もいました。他に講堂などもあるのですが、こちらはは一般拝観の私たちは入れません。

DSC_3337.JPG

枯山水の庭もしつられてあります。
どこか日本の禅寺のようでもありますね。
「中国で発祥した枯山水は日本に伝わり進化発展し、日本庭園として有名になりました」と説明がされています。

DSC_3319.JPG

一番目を引くスポットがこちらの「宝船」。
カラフルで大きく映えることもあり、ここはフォトスポットとなっています。

DSC_3287.JPG

フォトスポットといえば、ルンビニ・ガーデン(Lumbini Garden)にも。
寺院内を歩いていると、映えを意識した場所がところどころあります。

DSC_3296.JPG

ストイックな中にもどこかのんびりとのどかな雰囲気があり、ゆっくりと散策できました。
マスクはまだ必須ですが規制が緩和された部分もあるので、気持ちの面も大きいかもしれません。

佛光山東禅寺(Fo Guang Shan Malaysia Dong Zen Temple)を訪れるベストタイミングはチャイニーズニューイヤーです。その年の干支を始め、広大な敷地の中にさまざまな光のオブジェがディスプレイされることで知られ、毎年話題となっています。
機会がありましたら、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

【データ】
佛光山東禅寺(Fo Guang Shan Malaysia Dong Zen Temple)
住所:PT 2297, Jalan Sungai Buaya, Kampung Jenjarom, 42600 Jenjarom, Selangor
URL:https://www.fgs.org.my/  
営業時間:10:00〜21:00

(撮影by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 映えスポットも!KL郊外の広大な敷地に建つ巨大な中華禅寺

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について