トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > トレンガヌ州のウミガメ保護区で赤ちゃんガメを海へ放流

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

トレンガヌ州のウミガメ保護区で赤ちゃんガメを海へ放流

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2022年4月 6日

クアラルンプールから約300km、車で3時間30分程のところに位置するトレンガヌ州から州境を接するパハン州から続くマレー半島東側のビーチは美しい海岸線が続くことで知られています。
そして、もうひとつウミガメにとっては貴重な産卵地として知られています。

残念ながら近年の気候変動や、乱獲によってウミガメの個体数が減ってきているのですが、卵を守り孵化させ生まれたウミガメの赤ちゃんを海へ放流する保護活動が行われています。

DSCN2981.JPG

以前はパハン州チェラティンにあるチェラティン・タートル・サンクチュアリ(Cherating Turtle Sanctuary)でも放流体験などを行なっていたのですが、現在は休業中となっています。
現在はそこから北へ車で20分ほどの距離にあるチュカイ(Chukai)のマクニク(Mak Nik)ビーチの保護センターで主に保護活動が行われています。

ここではウミガメが産卵した卵を天敵などから守るため、インキュベーション(孵化)させてから、海へと放流します。

DSCN2979.JPG

DSCN2976.JPG

放流は夕方から夜にかけて。まず保護センターのスタッフからウミガメの生態や、放流する際の注意事項などについて説明を受けます。
金網に囲まれたこの砂地の中に、ウミガメの卵が保護されていて孵化するのを待っています。

DSCN2977.JPG

放流時間になるまで、夕暮れのビーチを散策しますが、残念ながらこちらは東側になるので海に沈むサンセットという風景は見られません。
それでも、のんびりとした海辺が次第に夜が降り、波の打ち寄せる音を聞いているとなんともよい気分になります。

DSCN2988.JPG

DSCN2991.JPG

スタッフが参加者に使い捨てのビニール手袋を配り、足下にタライを置いていきます。
そしてその中にウミガメの赤ちゃんを入れていきます!
その大きさ10cmほど、成体は1mに達することもあるそうです。

夕暮れ時でしかもウミガメの赤ちゃんは動きが早い!
本来ならフラッシュ使用するのですが、控えたためピンボケが多い写真となっています。

IMG_5564.JPG

手で背中の甲羅部分をつかみます。
砂浜の上にそっと乗っけると、海の方へ必死にはっていき、やがて波の中へ泳いでいきます。

IMG_1153.jpg

成長すると10年後ぐらいにまたこのマクニク(Mak Nik)へ戻ってくるとのことでしたが、その数が5000〜1万匹の中で1匹とのことでした。
この日に放流されたウミガメの赤ちゃんは数千匹。
そして、戻ってこれるのが1匹いるかいないかと聞いて、目の前の自然界の厳しさを改めて実感しました。
それと当時に、気を抜くと落としそうになるぐらい手の中で動く、命を力強さも感じられました!

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > トレンガヌ州のウミガメ保護区で赤ちゃんガメを海へ放流

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について