トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 2022年ハリラヤのクアラルンプールの風景

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

2022年ハリラヤのクアラルンプールの風景

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 投稿日:2022年4月20日

2022年4月1日からさまざまな規制が解除され、ほぼコロナ前の状態に戻ったマレーシア。
クアラルンプールにも日常が戻ってきつつあります。

現在イスラム教徒の断食月、ラマダン(Ramadan)中のマレーシア。
イスラム教徒が多いマレーシアでは、日没を過ぎると
日中の断食を終えて初めての食事、イフタール(Iftar)をとり、町を歩くムスリムの姿が多く見られます。
2月のチャイニーズニューイヤーでは中華系が新年を祝いましたが、その2ヵ月後にはマレー系(ムスリム)の祝日ハリラヤ・アイディルフィトリ(Hari Raya Aidilfitri )が近づいています。

IMG_001.JPG

観光客の受け入れも再開し、クアラルンプール随一の繁華街ブキッビンタン(Bukit Bintang)にあるパビリオンKL(Pavilion KL)では、イベントスペースで恒例のディスプレイが登場。

IMG_6240.JPG

今年はイラン大使館の協力を得て、異文化の調和をテーマに開催されています。
期間中はパフォーマンンスなどのイベントも行われる予定です。

IMG_6237.JPG

IMG_6255.JPG

IMG_6250.JPG

イランのバザールを模したショップが登場し、正面のスクリーンにはイランの風景が映し出されれています。
またバザールのひとつをのぞくと、トルコの錫職人が錫を打ち出してお盆のようなものに細工を施していました。
ペルシャ絨毯(じゅうたん)や、デーツやナッツを販売する店などもありました。
同じイスラム教圏とはいえ、国が違うと文化などの違いなどもあるため、異国情緒が感じられます。

IMG_6243.JPG

ブキッビンタン(Bukit Bintang)界隈には中東やトルコなどのレストランも多く、店の中ではシーシャ(水パイプ)を吸っている客の姿などエキゾチックな光景を目にすることもあります。

IMG_6251.JPG

今年はラマダンバザールの開催も許可され、あちこちで夜市もたっているようです。
人通りが増えた繁華街を歩きながら、このまま本当に日常が戻ってくるように願いました。

IMG_6242.JPG

■パビリオンKL(Pavilion KL)
・住所: 168 Jalan Bukit Bintang, Pavilion KL , 6th Floor, Kuala Lumpur 55100, KL
・URL: https://www.pavilion-kl.com/
・営業時間: 10:00~22:00

(撮影by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 2022年ハリラヤのクアラルンプールの風景

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について